そのケア間違っているかも!?意外なケアが「黒ずみの原因」になっていた


膝が黒ずみ原因は汚れではなく「メラニン」という物質です。赤ちゃんの時はキレイな肌色だったはずの膝にメラニンが蓄積して黒くなる原因はいったい何なのでしょうか。

目次

肌はゴシゴシしてもキレイにはならない

まず、大前提として「肌にはできるだけ刺激を与えないほうが良い」ということを理解する必要があります。刺激を与えると、肌が自らを保護するために肌内部のメラノサイトを刺激してメラニン色素を大量に作り出します。このメラニン色素が黒ずみのもと。

自己流のムダ毛処理が危ない!美意識が高い人ほど黒ずみに悩まされる理由~肌ダメージから始まる悪循環~

自己流のムダ毛処理が危ない!美意識が高い人ほど黒ずみに悩まされる理由~肌ダメージから始まる4つの悪循環~

肌の黒ずみは美肌の大敵。どれだけ美人でも、脇が見えた時に黒ずんだ肌が見えてしまうと台無しです。黒ずみは悪循環に陥りやすい厄介な肌トラブルなので、まずは原因を知り元から改善する必要があります。

「ムダ毛の自己処理」がきっかけで肌が大変なことに

いつの間にか肌に黒ずみができてしまうのは、「ムダ毛の処理」がきっかけになっている可能性が高いです。
私たちは「カミソリで剃る」「毛抜きで抜く」「除毛剤を使う」など当たり前のムダ毛処理を繰り返すうちに、知らず知らずのうちに肌にダメージを与えています。
ムダ毛処理をした後に肌が赤くなる、ひりひりするなどの肌の変化を感じたことがある人は要注意。
カミソリを当てる際に、ボディソープではなく除毛クリームをきちんと使用していますか?ムダ毛処理後に十分な保湿をしていますか?
自己流のムダ毛処理は、肌には大ダメージ。刺激を与えられることでメラニン色素という黒ずみのもを大量に作り出してしまうのです。

正常なターンオーバーを妨げてしまう

黒ずみのもとであるメラニンが作られても、きちんとターンオーバーが行われていれば垢となって体外に自然に排出されます。
しかし、カミソリや毛抜きで刺激を与えられた肌は無数に傷つき、乾燥しやすい状態になります。乾燥しやすい肌は通常の肌よりもターンオーバーが遅れがちになり、古い細胞がきちんと代謝されなくなることがあるのです。
また、肌にカミソリを何度も滑らせる、毛の流れと逆にカミソリを当てる、毛抜きでムダ毛を引き抜く際に、肌表面の細胞や毛穴周辺の細胞を無理やりはがしてしまっている可能性もあります。
どちらにしろ、正常なターンオーバーのリズムを乱している状態。正常なリズムであれば代謝されていた細胞も肌表面に残ってしまい、健康的ななめらかな肌をあっという間に変えてしまいます。

ごわつき肌は古い角質が残っているから

ターンオーバーが遅れて代謝されない細胞は肌表面で「過角化」し、だんだんと硬くなっていきます。硬くなった細胞はさらに代謝されにくくなり、どんどん角質が厚くなります。最終的に、ザラザラごわごわした状態で肌表面に残るのです。
細胞一つ一つに含まれるメラニンは黒く見えなくても、肌表面に硬くなり残った細胞にどんどんメラニンが蓄積され、だんだん黒ずんで見えるようになります。
そして、角質が厚くなることはさらなる問題も引き起こします。

肌の乾燥が進むことで4つの悪循環がループする

通常、肌表面の角質にはうるおいを保つための成分が多く含まれています。うるおいを肌表面に保つことで肌のバリアを作り出し、外部の刺激から肌を守っているのです。
しかし、硬くなった肌はこの成分を十分に保持しておらず、肌表面にうるおいを保つことができません。
うるおいを補うためにうるおい成分を多く含んだ化粧水を使ったとしても、硬くなった肌では、せっかくの成分が肌に浸透しにくいのです。加齢ともに乾燥が進む肌に外側からもうるおいを補えないとなると肌内部の乾燥は進む一方。
このようにうるおいを保つことができない乾燥した肌は、本来のバリア機能を十分に果たすことができず、肌をより傷つきやすい状態にしてしまいます。そして、そのような状態でムダ毛の処理を行うことでまた肌にダメージを与えてしまうのです。
つまり、肌にダメージを与える自己流のムダ毛処理がすべての始まりで、「肌ダメージ」→「ターンオーバーの乱れ」→「肌のごわつき・黒ずみ」→「肌内部の乾燥」→「肌ダメージ」…というように悪循環のループに陥っています。
キレイな肌を保とうと一生懸命ムダ毛処理をすることで、逆に美しい肌から遠ざかっているのです。

ピーリング剤を上手に利用して色素沈着改善へ

次にピーリングというアプローチになります。
今では、このピーリングも認知度が高くなっていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
簡単に言えば、肌にたまってしまった古い角質を落としてターンオーバーを正常にするという目的のものです。

以前においては肌負担の問題なども考えられていましたが、植物由来のピーリング剤・お水からできたピーリング剤などもリリースされています。
デリケートゾーンや肌そのものがあまり強いタイプではないという方はこうした刺激が無いものを利用すると良いでしょう。

ただし、黒ずみや色素沈着が気になるからといって毎日ピーリングを行うことはおすすめできません。
必要な角質まで落としてしまう可能性があります。
注意書きにあるかとも思いますが、1週間に1回~2回程度にとどめておくようにしましょう。

ピーリングのし過ぎは肌がむき出し状態に

正常なターンオーバーのために有効とされるピーリングは、古い角質を除去して肌をツルツルにしますが、黒ずみへの効果は薄いと言われます。これは、黒ずみの原因であるメラニンが肌の奥で作られているから。表面をはがしただけでは解決しません。
また、やりすぎると不要な角質だけでなく、肌を守るために必要な角質までもはぎ取ってしまいます。ピーリング後にひりひりしたり、赤くなるようなことがあれば肌がダメージを受けているサイン。乾燥肌や敏感肌を作り出してしまうので注意が必要です。

お風呂で体をゴシゴシ洗う人は積極的に黒ずみを作り出していると考えましょう。ゴシゴシする行為は肌を傷つけるだけで、決して肌をキレイにしているわけではありません。目の粗いボディタオルや軽石でゴシゴシしないとキレイになった気がしないという人は、まずその認識を変える必要があります。

肌は優しく刺激しないことが重要

黒ずみをなくしたいのであれば、刺激を与える行為は極力避けましょう。スキンケアや化粧も含めて「こする」「けずる」「たたく」などの行為は全て黒ずみを悪化させてしまいます。

年齢肌のケアが重要!たるみやシワは放っておくと黒ずみの原因に

年齢肌のケアが重要!たるみやシワは放っておくと黒ずみの原因に

年齢に伴い徐々に気になってくる「肌のくすみ」や「黒ずみ」。肌にダメージを与えるようなことをしているつもりはないのに、どうして黒ずみができてしまうのでしょうか。

黒ずみやくすみの5つの原因

若々しく健康的な肌は、肌表面の皮脂膜や角質層のうるおい成分が十分に保たれ、ハリと弾力がありますが、年齢とともに確実に「老化」して変化していきます。具体的には「紫外線」や「乾燥」によって肌が老け込んでいくのです。
「紫外線」は一年中肌にダメージを与えています。紫外線は肌に刺激を与えてメラニンを作らせ、シミやくすみを増やすだけでなく、肌の奥まで到達して肌の弾力を保つ土台となるコラーゲンやエラスチンを傷つけています。
また、皮膚の「乾燥」が進むと肌のバリア機能が失われていきます。バリア機能が正常に機能しない肌はダメージを受けてメラニンを過剰に作り出してしまい、黒ずみにつながるのです。

年齢が出やすい肘・膝は特に注意が必要

歳をとると肘や膝など、関節部分がカサカサしてくると感じる人が多いと思います。
肘や膝が乾燥しやすい理由の一つは「皮脂腺が少ない」から。汗や皮脂がほとんどでないので当然乾燥しやすくなります。
さらに、肘はほおづえをついたり、膝は膝を立てたりすることで刺激を受けやすいところ。特にデスクワークなどで長時間机に向かっている人は肘周辺の皮膚が常に机と接している状態なので、知らず知らずのうちに肌にダメージがかかっています。
乾燥しダメージがかかった角質は次第に硬化し、肌表面に黒ずみとしてこびりついてしまうのです。

定期的な角質オフも優しく丁寧に

硬くなってしまった角質は定期的に取り除く必要があります。とはいえ、ゴシゴシ削り取ったり、頻繁に角質を取るのはNG。肌を傷つけて悪化させる可能性があるからです。角質オフは優しく丁寧に行いましょう。

夏場は要注意!制汗剤が美ワキを邪魔する原因になることも

暑いシーズンは多くの人が使う「制汗剤」。汗を抑えるというメリットばかり目に留まりますが、実は「ワキの黒ずみ」の原因になることがあるのをご存知ですか?

制汗剤による「毛穴の詰まり」が原因

一般的に制汗剤が汗を抑えることができるのは、「汗腺をふさぐから」です。特にパウダースプレータイプのものはサラサラした使い心地が気持ち良いですが、粉で汗腺や毛穴に蓋をしてしまいます。また、制汗剤には汗や臭いを抑えるために含まれる銀や酸化アルミニウムなどの重金属も黒ずみの要因。手軽に使える制汗剤ですが、多用すると重金属が肌のストレスになったり、毛穴をふさぐこともあります。肌の抵抗力が落ち、黒ずみなどの肌トラブルを引き起こすのです。

制汗剤による「古い角質の蓄積」が原因

ワキは非常に角質や汚れが溜まりやすい部分です。一日に何度も制汗剤をつけているとそれもまた汚れになってしまいます。汚れが肌の表面に張り付くことでターンオーバーが正常に行われにくくなり、古い角質が蓄積してしまうことも問題ですが、さらに汚れをきれいにしようとゴシゴシこするのもNG。肌にダメージを与えるとメラニン色素が分泌されて色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます。

汗パッドやインナーで汗を抑える工夫が必要

肌に長時間何かを塗っておくという状態が、そもそも肌にとって良いことではありません。ワキの黒ずみを抑えるためには、無添加タイプのものを選ぶか、インナーや汗パッドなどを使用して汗をカバーしましょう。

ビキニラインの黒ずみは下着の摩擦とムレが原因かも?

デリケートゾーンは下着や洋服で摩擦が起き、黒ずみができやすいパーツの1つ。他人にあまり見られるところではありませんが、悩んでいる人は意外と多いのです。

摩擦により色素沈着してしまう

黒ずみは、何からの原因でメラニンが発生し、色素沈着が起きることによって発生します。その何らかの原因の一つが「摩擦」です。
締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、風呂場でゴシゴシ洗うなどは摩擦を引き落としやすいので要注意。摩擦によって発生した色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれて改善に時間がかかるのが特徴です。
また、肌は刺激を受けると水から肌を守ろうとして角質層を厚くします。これを「過角化」と言いますが、過角化が起こると肌全体がゴワゴワしたり黒ずんでみえるようになります。

ムレによってかぶれや炎症が起きる

ニキビ跡が黒ずむのは、炎症による色素沈着の代表であり、キレイな肌にとってかぶれや炎症は大敵。しかし、デリケートゾーンは下着や汗で非常にムレやすくなってます。さらに自己流のムダ毛処理による傷なども影響し、かぶれや炎症をよく引き起こす場所。特に注意が必要なのです。

色素沈着の原因を特定してストップすることが必要

化粧品やせっけんによるかぶれの場合はすぐに使用を中止すること、ムダ毛の処理は自己流でしないこと、もしくは丁寧に行うこと、ニキビや吹き出物などの疾患が原因の場合は皮膚科に相談することなど、まずは原因を特定してストップしましょう。

脱毛サロンのレーザーでも黒ずみができる恐れあり!

女性にとってムダ毛処理は面倒な作業の一つ。脱毛する人は「自己処理を楽にしたい」「キレイな肌を手に入れたい」などの目的がありますが、実は脱毛は、場合によっては美しい肌を台無しにしてしまう恐れがあるのです。

肌をキレイにするはずの脱毛で、逆に黒ずみが目立つようになることも

脱毛で黒ずみが目立つようになる理由は「レーザーによる刺激」です。レーザー脱毛の魅力は効果の高さ。半永久的な脱毛効果が期待できますが、効果が高い分だけ刺激も強いということになります。脱毛をした後に肌のヒリヒリ感や赤みを感じるのは、肌が軽い炎症を起こしているためです。炎症を起こすとメラニンが大量に発生され、うまく排出されないことで色素沈着に繋がります。

脱毛後の紫外線も黒ずみを引き起こす

レーザー脱毛そのものだけでなく、脱毛後の過ごし方次第で黒ずみを作ってしまうこともあります。脱毛後は、肌が乾燥しやすく敏感な状態になっており、保湿ケアや紫外線ケアをしっかりと行わないと肌のターンオーバーが乱れてしまうので注意しましょう。

ダメージを受けた肌をいたわるケアが必要

脱毛はムダ毛をなくして肌をキレイにする一方で、肌に負担をかけているのは間違いありません。黒ずんでしまった肌はダメージを受けて自ら美しくなる力が不足している状態。そのような状態になってしまう前に、うるおい成分が多く含まれた化粧品を使ってケアするなど、肌のダメージを軽減するように心がけましょう。

色素沈着を直す方法

ふと気が付くと肌の黒ずみや色素沈着が目立っているなどということはないでしょうか。
特に、顔やその周辺となるとコンプレックスに感じられる方も少なくないようです。
では、こうしたものを改善させる方法というものはあるのでしょうか。
いくつか掲げていきたいと思います。

肌を美しく保つためには正常なターンオーバーが必要

化粧品の広告にはよく「乱れたターンオーバーを整える」という言葉が見られますが、そもそもターンオーバーとは具体的にどういう状態を指し、肌の美しさにどれほど影響しているのでしょうか。

ターンオーバーの定義

人間の身体は常に不要なものを排出して生まれ変わっていますが、肌の新陳代謝、生まれ変わりのことを「ターンオーバー」と言います。
皮膚は、「皮下組織」の上に「真皮」があり、さらにその上に「表皮」が存在しています。表皮は内側から「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の順番に並んでおり、基底層で生まれた細胞が形を変えつつだんだんと表面に押し上げられていきます。そして、最終的には肌の表面で垢となり自然にはがれ落ちる構造になっているのです。
この表皮の入れ替わりがターンオーバーと言われているサイクル。このサイクルがあるからこそ、私たちは肌に傷ができてもかさぶたとなってはがれ落ち、またキレイな肌に生まれ変わることができるのです。

ターンオーバーが乱れるとはどういう状態?

肌のターンオーバーは部位によっても異なりますが、正常な状態であれば28日程度かかります。しかし、加齢によって新陳代謝が低下してターンオーバーが遅くなったり、ピーリングなどの角質ケアのし過ぎでターンオーバーが早まることがあり、これらを「ターンオーバーが乱れる」と言うのです。
ターンオーバーが遅くなると、古い角質が肌に残ったままの状態になります。その結果肌がごわついたり、さらにターンオーバーを邪魔してしまいます。
一方、ターンオーバーが早くなると、未熟な細胞が角質となり肌のバリア機能を果たすことになるのでバリア機能そのものが低下し、敏感肌のような状態になってしまいます。

ターンオーバーの乱れは様々な肌トラブルの原因

ターンオーバーは早くても遅くても問題があります。健康で美しい肌を保つためには正常なリズムでターンオーバーを行うのことが最も重要なのです。

身体の内側からアプローチをしてみよう

黒ずみや色素沈着の原因となっているのが「メラニン」です。
メラニンは肌のターンオーバーと大きな結びつきがあります。
ターンオーバーが遅れてしまうとメラニンが残ってしまい黒ずみや色素沈着を起こしてしまうのです。
これを改善するためのサプリメントを利用するというのが方法の1つです。

肌そのものの代謝率を上げて、ターンオーバーを正常にするというのがその具体的なものになります。
サプリメントとしては、ビタミンC・ビタミンB・ビタミンA・ビタミンEがおすすめです。

美白化粧品を取り入れる方法

顔・身体それぞれ美白効果が期待できるアルブチンやビタミンなどが含有された俗に言う「美白化粧品」というものも売られています。
これらを使用するというのも改善に一役買ってくれるでしょう。
これは、メラニンを撃退するばかりではなく生成を抑えてくれる効果も期待できることから、予防的にもとりいれていただけるものとなっています。

毎日のスキンケアの1つとしても取り入れていただきやすいので、日常的なケアとして検討してみるのも良いかと思います。

黒ずみだけでなく美肌効果もあるおすすめのスキンケアご紹介

黒ずみケア、黒ずみ対策に有効なスキンケアをお調べしました

  • シルキークィーン
  • ヴィエルホワイト
  • ハーバルラビット
  • 【シーボディ】ミネラルボディシャインジェル
  • ロコシャイン
  • ピューレパール
  • 薬用アットベリー
  • 上記の商品をお調べしたのでご確認ください

シルキークィーンの人気の秘密

これから気候も暖かくなり、露出が増える季節ですね。よく、ミニスカートが流行ると景気が良くなるなどといったことを耳にしますが、その年によって流行る服装というのは違います。
その為、膝丈やロングスカートが流行して胸をなでおろしている間にミニスカートの時期がやってきてしまってヒヤリとしている人も多いのではないでしょうか。
脚を露出するというのは、もちろん脚の太さや形に自信がないという人が大半だと思われますが、実はその肌質に悩みを抱えている人はとても多いのです。

脱毛が裏目に出てる!?

脚を出す時期には脱毛をし続けなくてはならないのが女性特有の悩みです。膝下などは特にそり続けていると濃くなり毛穴がぶつぶつ目立ちがちです。
剃刀は肌の表面を傷つけ肌荒れの原因となりますし、ぶつぶつが気になるあまりに毛根から処理ができる毛抜きを繰り返し利用することで、余計に毛穴が隆起します。
ぼこぼこのざらざらになってしまった表面はなかなか元に戻りにくく、毛こそないものの人前に出せない状態となってしまうのです。
元に戻すにはある程度何もしないことも大切ですが、ムダ毛をそのままにしておくこともできず、ジレンマを抱える人がほとんどです。
そこで効果があると今話題になっているのがシルキークイーンです。膝下ケアに効くとして注目を集めていますが、ひじや二の腕、ワキなどにも使えるというのが嬉しいポイントですね。

個人差があるのでは!?

高い化粧品を試してもさほど効果を感じられなかったといった経験を持つ人に抱きがちなのが「どうせムダ」といった考えです。
確かに肌質は個人差があり、効き目の早い人もいれば遅い人もいます。また、見た目にわかりやすい人とわかりにくい人もいます。
しかしながらこのシルキークイーンは、利用者アンケートで91パーセント以上の人が効果を実感したと答えているのです。
どうせなら顧客満足度の高いものを試す方が最初は安心ですね。

気になる成分は?

効果が高いといわれているシルキークイーンですが、副作用や合わないなどの肌荒れはないのでしょうか。
敏感肌の人にとっては安心安全な成分かどうかは一番気になるところです。
シルキークイーンは4種類の天然成分を使用しており、安全です。
ビワ葉エキス、甘草由来成分、カワラヨモギエキス、サクラ葉エキスが炎症を抑えて肌の赤みやポツポツを沈めてくれるのです。
他にもアーティチョークの保湿成分を使用していたりなど、いずれも口に入れても大丈夫なものたちばかりですので、より一層安心です。

シルキークィーンでエモリエント効果アップ

いくら女子力が高く、お化粧がばっちりでも、他を綺麗にしていればしているほど目立ってしまうのが普段見せないところの悩みです。
例えば友人同士で旅行に行った際、足湯で膝下がちくちくぶつぶつ、だと折角のおしゃれも水の泡です。
普段から綺麗にしておきたい箇所として、夏場の露出も増える脚やワキは、毛穴のぶつぶつを沈めることで定評のあるシルキークィーンがおすすめです。
シルキークィーンは美しい肌を取り戻すエモリエント効果を引き出してくれる万能クリームです。

うるおいを逃すな!

若いころはあまり意識しませんが、歳を重ねるごとに実感するのが肌のうるおいがいかに大切かということです。
冬場の乾燥や、夏場であっても空調などによって奪われる水分は多いものですが、それ以上に脱毛を重ねた箇所は土砂崩れ寸前の崖状態です。
地盤を固めるためには適度なうるおいを保つことですが、植物由来のオリーブオイルは肌から水分が抜けていくのを防いでくれる強い味方なのです。
口から摂取しても体に良い万能なオリーブオイルを使わない手はありませんね。

内から美を高めよう

よく聞く美容オイルの一つにスクワレンオイルがあります。吸収性を高めるといわれ、サメから抽出するものもあれば植物から抽出するものもあります。
これが肌に絶大な効果をもたらす理由のひとつには、人体にはもともとこの成分が存在するということにあります。
内にあるものを引き出すことで、効果を最大限に発揮できるのです。

身から出る錆を防ごう!

物でもなんでも酸化は劣化のもととなりますが、肌にも同じことが言えるものです。
肌の酸化をふせぐためにはビタミンEが良いといわれていますが、シルキークィーンにはそのビタミンEが多く含まれているため、エモリエント効果を最大に引き出してくれるのです。

シルキークィーンが誇るバリア機能

多くの人が膝下や、その他ワキなどの箇所において黒ずみを経験し、悩みを抱えています。
おしゃれな人ならなおのこと、メイクや服装がばっちりでもそれらを台無しにしてしまう破壊力を持った黒ずみは女性の天敵です。
しかしながらなぜその黒ずみはおこるのでしょうか。これらは単なる汚れという訳ではなかったのです。

遺伝子が活性化?

肌の黒ずみは、ご存じのメラニンが関係しています。日焼けなどもこれにあたりますが、肌が炎症を起こすと遺伝子レベルの因子が活発化してしまいます。
すると体は肌細胞を守るためにメラニンを活性化させるという訳です。黒ずみを発生させないためには原因となる遺伝子レベルの因子を活発にさせないことです。
例えば、シルキークィーンに含まれるアーティチョーク葉エキスは料理などにも使われることで有名ですが、メラニンを抑えたり黒ずみが目立たなくなるような働きをしてくれるのです。

皮膚にもともと存在する成分が肌を守る?

シルキークィーンに含まれるセラミドⅢとPCAは肌を守る大きな働きをしてくれます。セラミドⅢは角質層のバリア機能をケアし、PCAは肌に存在するきわめてすぐれた保湿成分だといいます。
シルキークィーンは人間本来が持つ成分を使用することで、抵抗なく肌がケアできるような仕組みを実現しているのです。

シルキークィーンの安心成分

シルキークイーン最大の魅力はその天然由来成分と言えるでしょう。
正直、効果の高いという化粧品であったとしても聞いたことのない成分が並んでいると怖くて使う気にならないという人は少なくないかと思われます。
その点、シルキークイーンはビワ葉エキス、甘草由来成分、カワラヨモギエキス、そしてサクラ葉エキスといった日本人なら一度は聞いたことがある成分ばかり。
安心して使えるというのが嬉しいですね。

それぞれの役割は

ビワ葉エキスは抗炎症、引き締め効果があると言われています。
肌荒れを防ぐので膝下以外のいろいろな場所に使いたい成分です。
甘草由来成分は炎症を防ぐことで有名です。数々の漢方や薬に使用されており、テレビコマーシャルなどでもその名を聞くことが多いでしょう。
カワラヨモギエキスは肌に優しいことで有名です。
ヨモギ餅などでおいしくいただくこともありますが、ヨモギ蒸しやヨモギ風呂が古くからあることから肌への効果が高いことがうかがえます。
サクラ葉エキスは黒ずみを除去し美白効果があります。その美しいイメージからも、美への効果が期待できますね。

膝下だけでなく使えるのが嬉しい

多くの女性の悩みとして、脱毛につきまとうのが膝下の黒ずみであり、シルキークィーンそれらの肌トラブルを多数解決してきました。
しかしながら、悩みが人それぞれなのは当たり前であり、例えばワキの下の毛が濃い人はワキの毛穴にトラブルを抱えやすいので、ワキにも利用できるものが望ましいといえます。
膝下専用ですと、他の用途に使えず他の化粧品にまたお金をかけなくてはなりませんが、シルキークィーン一本あれば、様々な肌の炎症に対応できるので心強い存在です。

ヴィエルホワイト

お肌の黒ずみは、特に女性であれば気にせずにはいられないものです。
この黒ずみ。顔やデコルテなど、目に入りやすいところはもちろんですが、デリケートゾーンや乳首……普段は服の隠れている部位が、“いざ”という時に美しく保たれていることは、実はとても重要です。
ヴィエルホワイトは、すでにお悩みの方はもちろん、今のうちに対策を考えておきたい方のご希望にもお応えできる、リポソーム化「美白」エッセンスです。

デリケートゾーン以外にもどうぞ!

この商品は、デリケートゾーンの美白を目指す方へ主にオススメしていますが、その他の部位(わき、乳首、ひじ、ひざ、お尻など)もOKと、幅広く使えるようになっています。
アソコ以外にも気になる箇所があったら、お風呂上がりなどに一緒にひと塗り……という使い方ができるので、一石二鳥です。

効果バツグン!3つの美白成分を贅沢に使った黒ずみ対策!

ヴィエルホワイトは、3つの美白成分を配合し、デリケートゾーンの黒ずみなどをはじめとした、女性ならではの肌のお悩み解決をお手伝いする美白エッセンスです。
ここでは、美白には欠かせない3つの成分について、その効果の高さを含めご説明してきます。

肝斑対策に有効「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は、止血やじんましん・湿疹の治療などの医療現場でも長いこと使われているアミノ酸の一種です。
また、肝斑(かんぱん/主に頬の両側にモヤッと現れる、治りにくいシミの1つ)の改善にも効果があることが知られてからは、肝斑の治療やシミ、そばかすの治療などにも用いられています。
ヴィエルホワイトは、そのトラネキサム酸を主剤として使用し、美白効果を高める役割の1つとしてその力を発揮します。

メラニンを抑制「アルピニアカツマダイ種子エキス」

アルピニアカツマダイ種子エキスは、アルピニアカツマダイ(ショウガ科)という植物の種子から抽出されたエキスです。
この成分は医薬部外品専用として、肌のシミを軽減する効果が知られています。
紫外線を浴びると生成される色素のメラニンは、シミの原因であることでも有名ですが、アルピニアカツマダイ種子エキスは、このメラニン生成を抑制する力があります。
このようなことからヴィエルホワイトでも、黒ずみ対策には欠かせない成分として、その高い効力に注目しました。

漢方薬の効能「党参抽出物加水分解液」

「党参(とうじん)」は、キキョウ科ツルニンジン属ヒカゲノツルニンジンの根のことで、内臓機能を高め免疫力・活力への効果や、滋養強壮の漢方薬としても使われています。この党参から抽出した成分を加水分解したものが、党参抽出物加水分解液です。
肌への効果としては、メラニンの分泌や色素が沈着することを抑える働きや、ハリを与える効果についても期待できます。

また、医薬部外品専門の成分としても知られ、医薬部外品でない美白商品には使うことができません。
ヴィエルホワイトは医薬部外品であり、この成分をしっかり取り込むことで、美肌効果をより高めています。

効果の高い3つの美白成分

このように、ヴィエルホワイトに配合された3つの美白成分は、それぞれの効果は充分に高いことが知られています。
さらに日本製・無添加なので、効果バツグンの成分でデリケートゾーンの美白を安心して目指すことができます。

安心の天然由来成分!高配合11種類が美肌の決め手!

年齢関係なく、黒ずみのない美しい肌を保つために必要なのは、美白のほかに「保湿」「透明感」「エイジングケア」「保護」への対策を、普段のケアの中に取り込むことです。
ヴィエルホワイトは、そんな大切な肌ケアのイロイロを、11種類の天然由来成分をたっぷり使って行うことができます。

肌の乾燥を防ぐ「保湿」

乾燥した肌を潤わせるのに必要なのは、言うまでもなく保湿成分です。
ヴィエルホワイトには、角質層の奥まで浸透・潤いを抱え込む・肌表面にバリアの3つの役割を司る保湿成分「トリプルヒアルロン酸」、水分が逃げないようサポートする「エクトイニン」、皮膚細胞のアクアポリンを活性化する「アマチャヅルエキス」が配合され、お肌の潤いを守ります。

肌の黄ばみを防いで「透明感」を

体内で不要な糖とたんぱく質が結びつくと、「AGEs」という老化物質が生み出されます。なかなか分解されにくい性質があり、肌が黄ばむ原因になります。
ヴィエルホワイトでは、肌の黄ばみを解消し、肌の明るさを内側から取り戻す「シルバーパイン果実エキス」、糖とたんぱく質の結びつきを抑制する「セイヨウオオバコ種子エキス」を配合し、透明感ある肌へと導きます。

肌のハリを維持「エイジングケア」

年齢を重ねると気になってくるのが、肌のハリでしょう。エイジングケアの始まりです。
ヴィエルホワイトには、ハリを補う「水溶性コラーゲン」、シワやたるみを改善する「スターフルーツ葉エキスコラーゲン」、幹細胞のケアに必要な「カモミラエキス」が配合され、肌のハリを維持するエイジングケアをお手伝いします。

配合成分をしっかり「保護」

取り込んだ成分がきちんと効果を発揮するためには、必要な層までしっかり届けることが大切です。
ヴィエルホワイトは、水分保持に「セラミドⅢ」、肌への浸透力を高めてコラーゲンの合成を促進する「リポソーム化カンゾウ葉エキス」、紫外線ダメージを抑制する「テンニンカ果実エキス」が配合され、お肌をしっかり保護します。

たっぷりの“11種類”が決め手です

ご紹介した11種類は、すべてが天然由来の成分です。安心してお使いになれることはもちろん、高配合されたそれぞれの成分が、お肌にしっかりと良好な効果をもたらしてくれることは言うまでもありません。
ぜひこの機会に、ヴィエルホワイトをお試しください。

リポソーム化で成分の浸透力をアップ!

ヴィエルホワイトの配合成分をご紹介する中で「リポソーム化」という言葉を聞き、初めて聞いた言葉だな? と思った方も少なからずいることでしょう。
少し専門的な言葉ではありますが、このリポソーム化は、ヴィエルホワイトに配合された14種類の成分を有効に働かせるために絶対に欠かせない、とても大切で必要なことなのです。

「リポソーム」って何?

「リポソーム」とは、簡単に言うと、リン脂質の膜が幾層にも重ねられたカプセルのようなものです。
肌につけた美容成分の効果を皮膚の奥深いところまで届けるためには、このリポソーム化が大変有効です。
重層になっているカプセルが少しずつ壊れていくことで、美肌成分が一気に放出されるのではなく、じわじわと角質層へ浸透していくため、肌の潤いが長時間持続できるという仕組みです。

リポソーム化による浸透力の高さが武器!

ヴィエルホワイトは、このリポソーム化の技術を取り入れることにより、美白成分3種類・天然由来成分11種類、【合計14種類】の贅沢な美容成分が効率よく発揮できる浸透力を実現しました。
せっかく「肌をキレイにしたい」「美白を保っていたい」とお使いになるのですから、配合された成分の効果の高さ・浸透力・持続力があることは、商品選びに欠かせない条件です。
この機会にぜひ、ヴィエルホワイトの美白効果を体験してみてください。

14種類の配合成分で美白を目指そう!

美白・美肌の維持は、女性にとって永遠のテーマです。
特に、デリケートゾーンなど“見えないところ”の肌ケアをきちんとできているかどうかは、思わぬ結果を生むことがあり、意外と気が抜けません。
ヴィエルホワイトは、日々の肌ケアを14種類の配合成分でしっかりと行うことができる、リポソーム化「美白」エッセンスです。

安心の120日間返金保証!

美白商品を選ぶとき、成分や使い心地など、初めて使う時は慎重になるものです。
こればかりは個人差があるものですから、まずは試したいと思うのは当然ですし、その期間が長いに越したことはありません。
ヴィエルホワイトでは、業界最長の120日間返金保証を行っています。
もしも黒ずみの解消ができなかった場合は、初回費用を全額返金の保証がありますので、120日間を使い、じっくり商品を試せます。

期間限定キャンペーンを見逃さないで!

ヴィエルホワイトは、業界最安値の「初回51%OFF」といったキャンペーンを期間限定で行っています。
こういったキャンペーンの機会を利用して、120日間のお試し体験をするのも、オトクで賢い利用方法でしょう。人数限定の先着順ですので、お早めに!

ハーバルラビット

黒ずみが体の中で気になる人はいませんか?今や黒ずみはハリウッドセレブ達の間ではケアするのが当たり前になっていて、身だしなみの一つとして扱われています。黒ずみを解消することができるのか疑問に思っている人も多いですね。

黒ずみは自分でケアすることができるのか?

ほうっておくとどんどん黒ずみは悪化していきます。黒ずみはケアすることができるのでしょうか。そもそも何故黒ずみができるのか、その原因を知ることも、黒ずみケアには必要なことかもしれませんね。黒ずみのことを考えるのであれば、黒ずみの原因も知る必要があります。結論から言えば黒ずみは自分でケアすることは可能です。正しいケア商品を使い、そして正しいケアをすることによって黒ずみのケアは可能です。

何故黒ずみはできてしまうの?

何故黒ずみはできるのか、大半は外部からの刺激、紫外線等によるダメージが原因と言われています。露出している部分の黒ずみは外部刺激や紫外線が原因ですが、下着の痕が黒ずんだりデリケートゾーンが黒ずむという場合には、肌の乾燥が原因と言われています。肌の乾燥によって皮膚の機能は下がります。バリア機能や免疫機能等さまざまな機能が下がってしまいます。乾燥した肌は古い角質が残りやすいので新陳代謝も悪くなり、本来ならばターンオーバーによって新しい肌が再生するはずなのですが、それができなくなってしまうのです。メラニン色素が肌に付着して黒ずみの原因を作ってしまいます。

黒ずみに対する正しいケアとは?

黒ずみに対してどのようなケアが正しいケアといえるのでしょうか。黒ずみ対策専門の化粧品が販売されていることは知っていますか?ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは黒ずみをケアするためのクリームです。日常生活に知らないうちに出来てしまった体の黒ずみをしっかりとケアしてくれます。間違った自己処理によるムダ毛処理でできた皮膚の摩擦から起きる黒ずみにも対応しています。デリケートゾーンの黒ずみケアクリームとしてモデルたちにも愛用されています。

なぜ黒ずみが解消されるの?

なぜハーバルラビットを使うと黒ずみが解消されるのか、それはメラニン生成を抑えて黒ずまないようにしてくれるからです。ただ抑えるだけでなくプラセンタ等の美白に効果がある4種類の成分が詰まっていることも特徴です。デリケートゾーンのみならずワキ、くるぶし、ひじ、背中等にも使用することができるので全身の黒ずみの解消をすることができます。

ハーバルラビットに入っている四種類の有効成分の効果

ハーバルラビットに含まれている四種類の美白成分は凝縮された形で入っています。これらの成分を毎日肌に塗ることによって肌の違いが毎日わかるようになるでしょう。使えば使うたびにその変化に気が付けるようになるはずですから、使うことが楽しくなります。

使えば使うほどに違いがわかる

入っている成分は、プラセンタ、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスです。これら四つの成分は1回使っただけでもきっとその肌の違いに気がつくと思うのですが、毎日使い続ければ肌がしっとりと潤いを満たしてきた感覚をきっと実感することができるでしょう。

どんな成分なの?

具体的にプラセンタ、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスはどのような成分なのか知る必要がありますね。プラセンタはビタミンやミネラル、アミノ酸などを豊富に含んだ美容成分です。今注目の美容成分として様々な化粧品に入っています。グリチルリチン酸2Kはあまり聞いたことがないかもしれませんが、ビタミンCと比べると270倍のパワーがあることがわかっています。天草由来成分、抗炎症作用等が入っていて炎症をしっかりと抑えてくれます。そしてビタミンC誘導体はメラニンが黒くなることを防いでくれますのでこれが黒ずみ解消に大きく貢献しています。米ぬかエキスで肌が柔らかくなる効果も期待できます。

ハーバルラビットの四つのうるおい成分

肌の黒ずみをなんとかしたいと思っていた人に効果的なのがハーバルラビットです。黒ずみ対処としてモデルや美を追求する女性たちが愛用しています。何故ハーバルラビットはこれほどまでに黒ずみの対処に優れているのでしょうか。

ハーバルラビットは最高級のうるおい成分が豊富

ハーバルラビットの中に含まれている最高級のうるおい成分、それはプラセンタ、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスです。これら四つの成分によって肌はたっぷりうるおいに満ち溢れます。なぜここまで成分にこだわって作られてるのでしょうか。

肌の保湿、潤いこそが肌へのいたわり

黒ずみを解消することはもちろんなのですが、肌への労りとして最高級のうるおい成分を配合しています。保湿成分で大きさの違うトリプルヒアルロン酸と、命とされているトレハロースを入れることによって肌の奥の奥深くまで浸透するのです。それにプラスしてバリア機能をアップさせるために効果的なセラミドが肌をしっかりと潤って守ってくれます。

濃縮された四つの成分

使えば使うほどに変化の違いに肌が喜んでいるのが分かるようになる美白成分が、贅沢に濃縮されて入っています。続ければ続けるほどに黒ずみはだんだん解消されて、透明感のあるみずみずしい肌になります。ニキビにこれまで悩んでいた人も、そのトラブルにしっかり対処してくれるグルチルリンチン酸が入っています。炎症を抑えてアレルギー反応も抑えてくれるので肌荒れを抑えます。

ハーバルラビットの水溶性プラセンタエキスの効果

ハーバルラビットは黒ずみを解消する効果があるとして人気を集めていますが、その成分に効果があります。有効成分である水溶性プラセンタエキスが入っているのです。このプラセンタエキスが黒ずみを解消してくれるキーポイントです。

水溶性プラセンタエキスとは?

水溶性プラセンタエキス、これはハーバルラビットの有効成分です。メラニン色素沈着を抑える働きがあることでも知られています。黒ずみをつまりシャットアウトしてくれるというわけですね。メラニンの生成をこれ以上進まないようにストップしてくれるのでこの結果肌は黒ずみ知らずの肌になれるわけです。

メラニンが出来ると何故良くないのか?

メラニンができてしまうと何故良くないのか、その理由はメラニンできることによって古い角質がどんどん蓄積されるからです。古い角質がどんどん蓄積されればシミも増えます。そして古い角質は硬くなって肌の柔らかさまで奪ってしまいます。肌にとって良くないことばかりなのです。そしてその古い角質によって色は黒ずみますから、皮膚の黒ずみの原因になるわけですね。肌の黒ずみを解消したいと思っている人は、この水溶性プラセンタエキスの効果を最大限発揮できるハーバルラビットを使用することをおすすめします。なかなか自分では水溶性プラセンタを取り入れることはむずかしいですから、しっかりクリームで取り入れられるといいですね。塗るだけなので手軽に対処することが可能です。

ハーバルラビットは肌が弱い人でも安心

ハーバルラビットを使いたいけれど、肌が敏感なので、市販されている化粧品はこれまでに使用することができなかったという人もいるのではないでしょうか。肌が敏感な人でも安心してください。これからは心配することはないのです。

敏感肌の人でも安心して使える

ハーバルラビットは敏感肌の人でも安心して使うことができます。その理由は、石油系界面活性剤を使用していないからです。シリコンも使っていませんし、着色料も使用していません。アルコールフリーで、添加物は一切使用していないですから、極端に言えば、赤ちゃんでも使用することができるほど肌に優しいのです。

アレルギーやアトピー肌の人でも

敏感肌の人、アレルギー体質の人、アトピー肌の人はこれまでに、市販されている化粧品はなかなか使えなかったというケースがとても多いです。しかしこのハーバルラビットなら、危険な成分は一切入っていませんので、安心して使うことができますよ。黒ずみを解消したいのに、肌に合わない化粧品を使ったために肌が悪化してしまったということはよくあることですが、それがないので安心して使えるのです。

ニキビ肌の人でも安心

ニキビがあって肌トラブルを抱えている人でも、強い抗炎症作用があるグリチルリンチン酸2Kが入っているので安心して使えて肌荒れの予防にもなりますから、かえって使っていたほうが肌が綺麗になるのではないでしょうか。

【シーボディ】ミネラルボディシャインジェルの人気の理由

日焼けあとの肌ケアや、自己処理のダメージで黒ずんでしまった肌、ひじやひざのザラザラ肌。夏はとにかく肌ケアが大変。
そんなふうに思っていませんか?確かに1つ1つ肌ケアしていたら大変です。ですがそれらの悩みをたった1つで解決する事が出来るのがミネラルボディシャインジェル(シーボディ)

ミネラルボディシャインジェルについて

ミネラルボディシャインジェルは楽天ランキングで4冠に輝くほど売れているボディクリームです。
通常のボディクリームは、保湿の効果だったり、日焼け止めの効果だったりと1つの効果しかありません。
ですが、ミネラルボディシャインジェルの場合は最近人気のオールインワンのように複数の役割を兼ね備えたボディクリームなのです。

その役割とは、日焼けによる炎症を集中ケアし、日焼けあとが残る前にシミやシワの原因を根本から取り除きます。
その結果、シミやシワの予防が出来、美肌や美白効果が期待出来ます。
また、ムダ毛の自己処理によりダメージを受けてしまった黒ずみを美白する働きや、色素沈着にも効果があります。

気になるひじや二の腕のザラザラに関しても、しっかりケアを行い、さらに保湿効果の役割もあるため、若々しい肌をキープする事が出来るというわけです。
実に27種類もの美容成分が配合され、夏の肌ケアはこれ1本で見せれる肌に大変身出来ます。
肌に優しい成分なので、大人だけでなく子供でも安心して使用出来るので、親子で一緒に使用して下さい。

ミネラルボディシャインジェルはコスパが最強

1つで複数の役割を兼ね備え、さらに美肌効果もあるミネラルボディシャインジェルですが、27種類もの美容成分が配合されていると価格も高くなってしまうのでは?そんなふうに心配になるかもしれません。
ですが、200g入りなので全身にたっぷり使用出来て、1ヶ月で5500円とリーズナブルな価格だと言えます。

さらに初回購入すると次回は15%になるクーポン券をもらえます。
そして初回特典として、ミネラルボディシャインジェル分包を2個分、ひきしめ効果があるミネラルボディクリーム分包を2個分プレゼントとしてもらう事が出来ます。

そしておススメしたいのが、ミネラルボディシャインジェルを使用する前に、日焼け止めクリームミネラルUVセラムミルクとの併用です。併用する事で、紫外線対策は万全と言えるでしょう。
紫外線を浴びる前と紫外線を浴びた後、それぞれの肌を守ってくれます。

黒ずみ、ザラザラに効果的な理由

若い頃は気にならなかったのに、加齢に伴い気になってくるのが肌の黒ずみやひじ・ひざのザラザラです。これらがあると老けて見えるので、若々しくキレイな身体をキープしたい場合は、ミネラルボディシャインジェルがオススメです。

黒ずみやザラザラの原因について

黒ずみやザラザラの原因は、皮膚の角質層が刺激を受けて肌荒れを起こしてしまっているためです。
角質が分厚くなると、肌がザラザラしたり、くすんで黒ずんでしまいます。
なぜ加齢が関係しているのか?というと、加齢に伴い肌のコラーゲン量が減量し、乾燥しやすくなるためです。

肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまうので、肌の回復力が落ちてしまい、黒ずみやザラザラが目立つようになるという訳です。

ミネラルボディシャインジェルの配合成分

ミネラルボディシャインジェル二は27種類もの美容成分が配合されています。
その中で、黒ずみやザラザラに効果的な成分は、新安定型ハイドロキノン、αアルプチン、ヒナギク花エキス、オウゴンエキスなどの6種類の成分です。

新安定型ハイドロキノンは、究極の美白成分とよばれ、シミの原因となるメラニンの生成に働くチロシナーゼ酵素の活性化を抑える効果があります。他の成分もそれぞれ黒ずみやザラザラに有効的な成分ばかりなので、お風呂あがりに気になる部位に塗るだけで、症状が改善されるという訳です。

さらに色素沈着をケアしてくれる、プラセンタ、クリスマムマリチムエキス、ナツメ果実エキスも配合されているので、症状が改善するだけでなく、キレイな肌になる事が出来るでしょう。

日焼けあとの肌でもまだ間に合う

日焼け止め対策をしていても、紫外線を完全にシャットアウト出来ず日焼けをしてしまう事があります。そしてその日焼けあとをそのまま放置してしまうと、シミやシワの原因となってしまいます。では日焼けしてしまった肌はどうすればいいのでしょうか?

日焼け止め対策が出来なくても日焼け対策は出来る

本来日焼け止め対策をして、日焼けをしない事に越した事はありません。
ですが、注意していても日焼けをしてしまう事はあります。
日焼けした肌をそのまま放置しておくと、シミやシワの原因となってしまい、若い頃はよくても年をとり、肌の老化を目の当たりにすると、キチンとケアしておけばよかったと後悔する事になります。

なので日焼けした肌の日焼けあとを残さないために、どうすればいいのかというと、ミネラルボディシャインジェルを使用する事です。お風呂上がりに塗るだけで、ばっちり日焼けあとを残さないように、根本から絶ってくれます。
なぜそのような事が可能なのかというと、配合成分をみれば分かります
ミネラルボディシャインジェルには、プラチナナノコロイド、フラーレン、APPS、オリザノールが配合されているためです。

配合成分の効果について

プラチナナノコロイドには、白金の触媒作用で皮膚の表面の活性酸素を除去する働きがあるため、アンチエイジングに効果的な成分です。
フラーレンも抗酸化力が高く、老化の原因となる活性酸素を無害化します。
さらに、フラーレンは低刺激である事で、今美容業界で注目されている成分です。

APPSは、ビタミンC誘導体の働きがあるため、シミやソバカスが目立たなくなり、美白になる効果があります。
オリザノールは、皮膚の表面の血行をよくして、小じわや肌荒れを改善し、アンチエイジング効果がある成分です。

つまりミネラルボディシャインジェルには、日焼けあとの肌が老化しないように、アンチエイジング成分がたっぷり配合されていてケアしてくれるという訳です。

日焼け炎症の対処法について

日焼け止めクリームを塗っていたけど、汗で流れてしまい、紫外線を浴びてしまった肌が炎症を起こす事もあるでしょう。
そんな時、日焼けによる炎症を集中ケアしてくれるのがエステ生まれの本格派「ミネラルボディシャインジェル」です。

日焼けによる炎症とは

まず日焼けによる炎症とは、どのような症状なのかというと、紫外線をたくさん浴びる事で肌が炎症を起こし、赤くなってヒリヒリした状態になる事です。さらに症状がひどい場合には、むくみや水ぶくれが現れるケースもあります。
基本的に、紫外線を浴びて6~24時間後の肌がもっともひどい状態になります。
そして1週間前後で小康状態となり、皮がむけます。

従来日焼けによる肌の対処法は、肌を冷やす事、そしてステロイド外用剤を用いて炎症を抑える事でした。
ですがもっと手軽でキレイに日焼けによる炎症を集中ケアしてくれるのがミネラルボディシャインジェルなのです。

日焼けによる炎症にミネラルボディシャインジェル

ミネラルボディシャインジェルには、大きく分類すると5つの効果があります。
日焼けによる炎症の集中ケア、日焼けあとを残さないためのケア、黒ずみや肌のざらつきのケア、色素沈着のケア、そして保湿ケアです。

その中で日焼けによる炎症の集中ケアに効果がある成分は、ゲンチアナ根エキス、ローマカミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、カンソウ根エキス、ヤグルマギク花エキスの6種類の成分です。

日焼けによる炎症をステロイドで対処してしまうと、肌にあまりいい影響を与えません。
ですが、ミネラルボディシャインジェルなら、ボディジェルですが顔にも使用出来るぐらい肌に優しく、肌のダメージを阻止するだけでなく、同時に美肌ケアまで出来てしまう点が魅力だと言えるでしょう。

子供の肌でも安心して使用出来て使いやすい

子供の日焼け対策を何かしていますか?大人になったら日焼けによる肌老化を気にしますが、子供が日焼け対策なんてまだ早い。
そんなふうに思っている人が多いかもしれません。ですが紫外線は子供の肌にも有害です。そのため日焼け対策を行う必要はあると言えるでしょう。

子供の肌にも安心な理由

子供の日焼け対策を行う場合、子供の肌は敏感なので、刺激の強いクリームを塗ってしまうと肌を守るつもりが肌トラブルの原因となってしまいます。そこでおススメしたい商品はミネラルボディシャインジェルです。

日焼けによる炎症を、ゲンチアナ根エキス、ローマカミツレ花エキス、カンソウ根エキスなどの天然由来の配合成分によって集中ケアを行ってくれます。また保湿成分もたっぷり配合されて肌に優しいと言えるでしょう。

もちろん肌に負担がかかる鉱物油、豪勢着色料、パラペン、アルコールなどは使用していません。
そのため子供の肌にも安心して使用する事が出来るのです。

子供にも使いやすい理由

またクリームだとベタついて子供が塗るのを嫌がるというケースも多いかもしれません。
ですが、ミネラルボディシャインジェルの場合はベタつかず、さらっと肌に馴染みます。
お風呂上がりにさっと塗るだけなので、手間がかからない点もおススメだと言えます。

子供が自分で紫外線が肌に悪いから、日焼け対策をキチンとしようとは考えません。
つまり子供の肌を守ってあげるのは、子供の親の意識だと言えます。

美肌になれる理由について

ミネラルボディシャインジェルには、様々な効用が期待できます。日焼けした肌に塗る事で炎症を抑え、日焼けによる肌のダメージを残しません。また肌の黒ずみやザラザラにも効果があります。症状の改善だけでなく、さらに美肌になれる事が支持されている大きな理由だと言えます。

ミネラルボディシャインジェルは肌に優しい

まずミネラルボディシャインジェルは肌に優しいと言えます。
合成着色料やパラペン、アルコール、鉱物油など肌に負担がかかる成分は配合されていません。
加えて配合成分は、天然由来の成分が中心となっています。
そのため、ボディ用でありながら、顔にも使用する事が可能ですし、子供の肌にも使用する事が可能です。

ミネラルボディシャインジェルの美容成分

そしてミネラルボディシャインジェルを使用する事で美肌になれるのは、ミネラルボディシャインジェルには27種類もの美容成分が配合されているためです。
とくにポイントは、3種類の海藻エキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、加水分解コンキオリンなどの6種類の保湿美肌成分です。

肌が保湿される事で乾燥から肌を守り、肌のバリア機能が高まり、肌のターンオーバーが整います。
その結果、美肌になれるというわけです。

夏の肌は紫外線や汗、自己処理による肌へのダメージなど、いろいろな要因がありキレイをキープするのが大変です。
ですが、お風呂上がりにミネラルボディシャインジェルを肌に塗るだけで、肌をダメージから守り、美肌を取り戻す事が出来るでしょう。

ロコシャイン

肌の黒ずみが気になるという方も多いのではないでしょうか?そしてその中には年齢とともに黒ずみが目だってきてしまったという場合もあるかもしれません。
そのような方におすすめしたいのがロコシャインなのです。
今回は、ロコシャインの特徴や黒ずみの要因などについて見ていきましょう。

ケアをしているのに黒ずみが気になるという方に

黒ずみケアをしているのにもかかわらず改善されない。
そう悩まれる方も多いようです。
一見すると汚れがたまっているように見える黒ずみですが、その原因は「メラニン」にあるのです。
つい、ゴシゴシと洗ってしまいがちですがこれは逆効果で、刺激となってしまい結果として肌を守ろうという機能が生まれメラニン生成につながってしまうのです。

さらには、黒ずみ対策に良いというイメージもあるピーリングですが、確かに古い角質を除去することによってターンオーバーを助け肌もすべすべになるのですが黒ずみ対策には高い効果を期待するのは難しいでしょう。
気になるからと過剰にピーリングをすることにより、必要な角質をはがし取ってしまう可能性もあるのです。

このことから、刺激の無いアプローチで黒ずみケアをしていただくことが大切なのです。

加齢とともに気になる黒ずみと対策について

年齢とともに黒ずみが目立ってしまうという場合もあります。
肘や膝など乾燥し黒ずんでいるということもあるのではないでしょうか。
それは、皮脂腺が少なく乾燥を促進し潤い不足から黒ずみにつながってしまうのです。
また、関節部分頬杖や膝たてなどをすることで刺激を受けてしまいます。
このことによって、角質が硬くなってしまい黒ずみになってしまうのです。

さらに、ご存知の方も多い紫外線の影響についても触れておきましょう。
肌の刺激とナリメラニン生成を促してしまうばかりではなく、乾燥やバリア機能も壊してしまうのが紫外線なのです。

上記のようなダメージは年を重ねるごとに受けやすくなってしまうのです。
ですから、角質を優しく取り除き正しい肌状態にすることが大切です。

優しいケアが実現できるロコシャイン

選び抜かれた7つの成分と9種類の天然植物由来成分が濃縮されているのがロコシャインです。
十分な潤いを与え、肌のバリア機能を向上させて刺激に負けない肌をつくることができるのです。
さらには、メラニンをブロックし元凶を分解するという美白成分もたっぷりとふくまれているのです。
無添加・低刺激ですので、あらゆる肌質の方に安心して取り入れていただけるのも大きな特徴であり魅力となっているのです。

キャンペーン情報を確認して取り入れよう

25日の返金保証・4420円お得に購入できる・手数料や大引き手数料が無料などと充実した定期購入キャンペーンは大人気となっております。
注文忘れの心配もありませんし、周期も自由に変更できますので安定的に取り入れていただくこともできるでしょう。

ロコシャインで理想の肌を目指そう

年齢を重ねてあきらめている方にも試していただきたいロコシャイン。
優しくそしてしっかりと理想の肌状態を目指していただけることでしょう。

バリア機能を高めて刺激に負けずに潤いと黒ずみ改善を

肘や膝の黒ずみが気になるという方に好評を得ているロコシャインですが、中には乾燥対策も行いたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回はロコシャインの保湿成分について見ていきたいと思います。

バリア機能を高めるのが黒ずみ対策のポイント

ロコシャインには厳選された6種類の保湿成分がたっぷりと含まれて居ます。
こはれ乾燥対策はもちろんのこと、紫外線などにおける刺激に負けない肌作り・バリア機能アップをめざしていただけるのです。

ロコシャインに含まれている保湿成分について

肌に潤いをもたらす成分

プラセンタやサクラ葉エキスがこれにあたります。
皮脂が少ないことから乾燥状態・角質化となってしまいやすい関節部分などにも十分な潤いを与えることが出来るのです。

内側から潤いを引き出す機能

ユリエキスやバイオアンテージがこれにあたります。
自らが持つバリア機能をアップさせてくれることが期待できるので加齢にも負けない肌作りを目指していただけます。

潤いキープ成分

ヒアルロン酸やコラーゲンがこれにあたります。
潤い成分としても有名ですが、それを持続させる効果もあるといわれているのです。

予防にも有効なロコシャイン

潤いをキープしながら黒ずみ改善から予防まで幅広く取り入れていただけるのがロコシャインなのです。

ロコシャインの持つ美白透明感の5大成分に注目

関節部分などの黒ずみにも効果があるといわれているロコシャインには、5つの美白成分が配合されています。
これが改善と予防対策に有効的なのです。
85%以上もの方が美白になったと実感をしているというその成分に今回は注目してみましょう。

内側から美しい肌作りが出来る

ロコシャインに含まれている5つの美白成分は、黒ずみの元凶となるメラニンの抑制に効果的で、表面ばかりではなく根元から分解が出来るのです。
これが、黒ずみ解消や肌そのものに透明感をもたらしてくれるのです。

美白成分についてチェックしてみよう

薬用美白有効成分

プラセンタ・グリチルリチン酸2Kがこれにあたります。
メラニンの生成をおさえ、肌状態を正常に整えてくれることが期待できます。
と、同時に潤いももたらしてくれる成分でもあるのです。

美白と透明感を引き出す成分

サクラ葉エキス・バイオアンテージ・カモミラエキスがこれにあたります。
肌全体の透明感を引き出してくれますし、メラニン酵素に働きかけを行い黒ずみ改善と予防に効果的な成分です。

年齢にも負けない肌作りが出来る

年齢とともに黒ずみが目立ってしまうことも多いのですが、そのような場合においてもこれら成分が美白と透明感を引き出してくれて、若々しい肌状態を目指していただけます。

ピューレパール

特に薄着の季節になると「脇の黒ずみが気になる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
改善は難しいというイメージがありますが、ピューレパールを使用していただくことによって自信のある状態へと導くこともできるのです。
今回は、黒ずみの原因などとあわせて詳細について触れていきたいと思います。

黒ずみの原因を知って改善しよう

ケアしているはずなのに黒ずんでしまうという方は、その美意識が黒ずみにつながっている可能性もあるのです。

たとえば「自己処理」です。
エチケットとして行っている方も多いと思いますが、肌負担をかけ、正しいターンオーバーの妨げとなってしまうのです。
ターンオーバーが正しく機能しないということは、黒ずみの元ともなるメラニン活性化させることにつながってしまいます。
さらには角質化をおこしてしまい、肌を乾燥状態に導いてしまいより悪い状態を導いてしまうのです。

無駄毛処理と同様にエチケットとして制汗剤を使用される方も多いでしょう。
これは、汗を抑えることによって古い角質がたまってしまう要因ともなりかねません。
とはいえ、汗は気になる存在ですから、パッドや機能性インナーを利用して黒ずみ対策を行っていただくのが良いでしょう。

脇同様に、デリケートゾーンの黒ずみを気にされる方も多いようです。
こうした部位は「下着の摩擦」が色素沈着を招いてしまう可能性もありますし、ムレからくる炎症もその原因と考えられています。
だからこそ、日ごろからケアが必要となってくるのです。

これら対策として、脱毛サロンで自己処理をしないようにという方法もあるでしょう。
確かにそれも有効的ではありますが、場合によっては脱毛後の紫外線が黒ずみを引き出してしまうこともあるのです。
施術を受けた際の負担をケアしていくことも大切です。

以上のことから「ケアが大切」ということがお分かりいただけたでしょう。
そのアプローチとして有効的なのが「ピューレパール」なのです。

ピューレパールの成分がしっかりアプローチ

黒ずみ対策としてメラニンの働きを抑制する天然ビタミンEや米ぬか成分などがしっかりと肌に優しくアプローチし美しい肌を保持するターンオーバーを正常化させてくれます。
さらには、プラセンタやトリプルコラーゲンなどという保湿や肌の弾力という点についてもカバーしてくれるのです。

これら成分は、厚くなってしまった角質でも独自のナノ化技術でしっかり浸透してくれるでしょう。
ピューレパールの特徴であり黒ずみ対策にオススメしたい理由がここにあるのです。

安心簡単ケアのピューレパール

無添加・低刺激性の製品ですから、安心して利用できます。
製造工程においても国内にこだわっておりますので、高い品質のものとなっているのです。

使用方法についてもシンプルで1日に2回、気になるところに塗布していただくだけで高い効果を持続してくれます。

キャンペーン情報もチェックしよう

初回から3450円の割引・送料手数料無料というお財布に優しいものから、返金保証などといった多くのキャンペーン特典を定期購入者は受けていただくことが出来ます。
さらには、4回目からはさらにお得にピューレパールを利用していただけるのです。
それぞれに使用量が異なってくるかと思いますが、お届け周期の変更も自由に行っていただけますので自らにあったスタイルを築いていただけることでしょう。

自信のある自分になろう

簡単にそしてしっかりと黒ずみにアプローチをしてくれるピューレパールを取り入れてさらに自信のある自分を目指してみませんか。

コラーゲンの力でメラニンを抑制し黒ずみの無い肌に

ピューレパールは敏感肌の方でも安心して利用していただける安心の製品です。
さまざまな成分が含まれているのですが、今回はその中の1つであるコラーゲンの働きについて考えてみましょう。
どのように肌にアプローチをしてくれているのでしょうか。

ターンオーバーの正常化にコラーゲンを

コラーゲンは、保湿という点はもちろんですが「ターンオーバーの正常化機能」ももっているのです。
ターンオーバーが過剰となってしまうことによって、メラニン色素が発生し黒ずみの原因となってしまいます。
ピューレパールでコラーゲンを取り入れていただくことで、メラニン色素を抑制し肌を理想的な状態にしてくれるのです。
改善・予防と高い効果を発揮してくれることでしょう。

美しい肌状態を目指せるコラーゲンの力

また、コラーゲンはアンチエイジング効果があることでも有名です。
肌のたるみやシミにも良いといわれています。
こうした効果は黒ずみ対策にも有効的ですし、乾燥を防ぐことによって肌の乾燥を防ぎます。
乾燥を引き起こすと、古い角質がたまってしまいメラニンの活性化につながってしまいますから、これらを防ぐことも出来るというわけです。

気になる部分にしっかりアプローチ

ピューレパールに含まれているコラーゲンは理想の肌を目指していただくために大切な成分であるとお分かりいただけたと思います。
このほかにも、有効成分がたっぷりと含まれて居ますのでその高い効果を実感していただけることでしょう。

ピューレパールの天然ビタミンEが白く潤いある肌へ導く

お肌の黒ずみ対策を手軽に行っていただける「ピューレパール」にはさまざまな有効成分が含まれて居ます。
中でも、天然ビタミンEは優れた効果を発揮しているのです。
そこで、ここではビタミンEについて注目してみましょう。

ビタミンEの効果で快適な環境を実現

ピューレパールに含まれている天然ビタミンEには酸化防止効果が期待できます。
黒ずみ対策とどのように関係性があるのかというと、雑菌の繁殖を抑え肌の炎症を防止・改善してくれます。
これは、古い角質ためない・角質化を防ぐということにもつながりますので、メラニンの働きを正常化させることになるのです。
ですから、黒ずみに効果的な作用を期待できるのです。

気になる匂いにも天然ビタミンEを

黒ずみ対策と同時にニオイの原因対策にも有効的です。
脇やデリケートゾーンの悩みとしてニオイもあるかと思いますので、そうほうのアプローチをピューレパール1つで行っていただけます。

綺麗な肌状態へ導くこともできる

ご存知の方も多いかと思いますが、ビタミンEには美白成分ばかりではなく保湿成分も含まれています。
悩みをクリアにするというばかりではなく「さらに美しい肌状態」を目指していただけるのです。

簡単ケアで理想の肌へ

1日2回、塗布していただくだけという多くの方が簡単に利用していただきやすいピューレパール。
今回触れたビタミンE以外にも美白・保湿成分が豊富に含まれておりすまので悩んでおられる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

薬用アットベリー

腕やわきの黒ずみやブツブツが気になる。
そのような方もいらっしゃるのにではないでしょうか。
「隠す」ということで解消する方法もありますが、やはり根本的な部分から解消させたいものです。
そこで強い味方となってくれるのがアットベリーなのです。

アットベリーだからこそ実現できるトリブルサンド方式

まず大きな特徴でありおすすめしたいポイントの1つに「トリプルサンド方式」というケアアプローチがあるのです。
詳細について触れていくと、厚い角質層にも高い浸透効果が期待できます。
気になる部分の「内側」から働きかけをすることができるのです。
と、同時に表面にとどまって外側から集中的にケアも行い、予防にもつなげやすい高い保湿力で保護してくれるのです。
この3つのアプローチを一度にできるのがアットベリーというわけです。

優しく効果の高い成分がしっかりと含まれている

アットベリーは植物由来の成分が豊富に含まれて居ます。
代表的なものをいくつかピックアップしていくと、まずは「甘草」です。
成分で言えばグリチルチリン酸2kというものになるのですが、炎症を抑える効果などが期待できてさらにはキメを整えてくれるというものなのです。

また、イノバラから抽出される「エイジツエキス」は、美白効果があるといわれています。
皮膚細胞の活性作用もあるということから、黒ずみに対するアプローチばかりではなく肌全体を美しく保ってくれるのです。

トウキエキスというセリ科植物も美白効果があり血行促進こうかも同時に体感していただけることでしょう。
黒ずみ・ブツブツの予防としても有効的な成分といえるでしょう。

黒ずみ・ブツブツ改善と同時に健やかな肌に

セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などといった高い保湿効果をもたらしてくれる成分からエラスチンなどといったアンチエイジングとしても注目されている成分も含まれているのです。
本当に美しい肌状態をと考えている方にぴったりの製品なのです。

お得なキャンペーンをチェック

お得なキャンペーンを取り入れてさらにお得に・嬉しい利用をされてみるのも良いでしょう。
定期ケアコースは初回分が45%もお得に購入できるキャンペーンを実施しています。
それだけでもお得なのですが、何とフルーツの雫ピーる石鹸が同封されてくるのです。
180日の保証もついていますので、安心感もばつぐんなのです。

悩みを積極的に解消させて見ませんか

比較的に幅広い方に利用をしていただける成分で、システムサービスも充実している薬用アットベリー。
コンプレックス解消にぜひともご活用ください。

トウキエキスは健やかで悩みの無い肌へ導く成分

薬用アットベリーは植物由来の成分で黒ずみにアプローチをしてくれるという効果を期待することが出来ます。
他にも、外側から・内側からそして肌を美しく保つというさまざまな効果も期待をすることが出来るのですが、その中の成分の1つ「トウキエキス」について見ていきましょう。

トウキエキスとはどのようなものなのか

「トウキエキス」と聞いて、ピンとくるかたは少ないのではないでしょうか。
トウキエキスは、セリ科植物の根から抽出をされる成分となっています。

山間の岩間で生息をしているという植物から抽出されるその成分は、人々の肌の悩みにアプローチをしてくれるものが含まれているのです。

期待できる効果について

大きな効果として第一には「メラニンの生成を抑えることが出来る」ということでしょう。
メラニンの生成が活性化してしまうことは、肌の黒ずみを改善できない・促進してしまう原因となってしまいます。
この生成を抑制することによって、黒ずみの改善そして予防につながってくれるのです。

また、そればかりではなく血行促進効果・消炎効果・保湿効果も期待できます。
健やかで美しい肌環境を目指していただけるということがいえるでしょう。

植物の力を実感してみませんか

あらゆる有効成分が含まれている薬用アットベリーですが、今回はトウキエキスについて着目してみました。
黒ずみ解消の大きな手助けとなっている成分の1つで肌に優しくそしてしっかりと働きかけを行ってくれるでしょう。

甘草フラボノイド効果でメラニン生成を防ぐ

特に皮膚の薄い部分などにおいては黒ずみが目立ってしまうなどという方も少なくありません。
それが、コンプレックスになってしまうこともまたあるようです。
隠すのではなく根本からアプローチをして改善を目指していただける「薬用アットベリー」ですが、その中に含まれている「甘草フラボノイド」について今回は見ていきましょう。

生薬の中でも有名な存在「甘草」

甘草は、別名「生薬の王」ともいわれている植物なのです。
効果はしらずとも、その名前だけは聞いたことがあるという方も多いでしょう。
4000年も昔から、薬として使用されていた植物がこう呼ばれる由来となっているのです。

高い効果が期待できる

甘草フラボノイドにどのような効果が期待できるのかという点についてですが、肌機能を正常に保ってくれるというものです。

メラニンの生成を促す酵素として「チロシナーゼ酵素」というものがあるのですが、これが活性化してしまうことによって黒ずみにつながってしまうのです。
甘草フラボノイドはこの活性化を抑えることが期待できるのです。

改善に・予防に薬用アットベリー

甘草フラボノイドの力を今回は見ていきました。
そのほかにも有効成分が豊富にふくまれている薬用アットベリー。
黒ずみの改善ばかりではなく予防としても取り入れてみてはいかがでしょうか。

美しい肌状態で綺麗と自信へ導くエイジツエキスについて

薬用アットベリーには植物成分から保湿成分までバランスよくそしてふんだんに含まれているのが特徴の1つです。
中でも植物成分の1つである「エイジツエキス」は大きな役割を担っているのです。
今回はそんなエイジツエキスについて見ていきましょう。

植物から採取されているエイジツエキスについて

エイジツエキスという成分をご存知の方も少ないかもしれません。
これは、イノバラというバラ科植物・その近縁植物の果実から抽出できるエキスのことなのです。
可憐で白い花を咲かせるイノバラですが、黒ずみに効果的な成分が含まれているのです。

エイジツエキスから期待できる効果について

効果についてですが、トータル的なものを一言で言い表すのであれば「美白効果」ということができるでしょう。
若々しい肌へと導いてくれます。

そればかりではなく、乾燥にもアプローチが出来る保湿効果から、皮膚細胞を活性化させてくれる効果も同時に期待が出来ますので、日常的な肌荒れ予防・防止効果においても期待度が高いのです。
黒ずみ解消ばかりではなく、より美しい肌をと考えている方に嬉しい成分ともいえるでしょう。

こちらのエイジツエキスは、今では広く化粧品に使用されている業界においては有名なものでもあるのです。

綺麗な肌でコンプレックスを解消させよう

肌に優しく、黒ずみにも効果が期待できて予防にもつなげられるという幅広く嬉しい効果が期待できる成分。
それがエイジツエキスであるといっても過言ではないでしょう。

薬用アットベリーに含まれる高い効果が期待できる5種類の植物たち

薬用アットベリーは多くの有効成分がバランスよく配合されています。
気になる肌の黒ずみ改善はもちろん、保湿効果・美白効果なども期待することができるのです。
今回は、その中でも5種類の植物成分について見ていきましょう。

古来より取り入れられてきたアロエエキス

アロエエキスは古来から肌にも使用されてきた植物です。
抗炎症効果はもちろんですが、高い保湿効果もまた期待できるのです。
さらには、美白効果もあるとされている成分の1つです。

シャクヤクエキスで肌バランスを整える

美しいボタン科の植物であるシャクヤクの根から抽出されたのがシャクヤクエキスです。
皮脂のバランスを整え保湿も出来るという効果が期待できます。
炎症を抑える効果から血行促進・美白効果もあるとされていますので、黒ずみはもちろんですが、バランスの良い肌状態へと導いてくれるでしょう。

予防効果も期待できる人参エキス

オタネニンジンの根から抽出されたエキスが人参エキスです。
漢方を想像される方も多いでしょう。
美容といった側面においても高い効果が期待できる成分であり、保湿効果・代謝促進・肌荒れの防止や予防といった「美しい肌を作り維持する」成分ともいわれているのです。

美しい肌を目指すサポートのクララエキス

マメ科植物のクララの根から抽出されたエキスになります。
美白効果やにきび・肌荒れを防いで「赤ちゃん肌」を目指していただくことが出来るとも言われています。
そして、近年においては肌の弾力低下を抑えてくれる作用もあるということが分かりました。
いつまでも若々しい肌状態をという方にもぴったりの成分といえるでしょう。

肌の衛生環境を整えてくれるワレモコウエキス

バラ科植物のワレモコウの根・根茎から抽出されたエキスです。
刺激が少ないので幅広い方々に取り入れていただけるともいわれており、実際に赤ちゃん用化粧品などにも使用されているのです。
炎症を抑える効果や消炎・収れん作用があるとされており、肌荒れから美白効果まで期待できるのです。

植物の恩恵を受けてみませんか

今回は、薬用アットベリーに含まれている植物について注目をしていきました。
高い効果のある植物たちがバランスよく配合されていて効果を実感していただける製品といえるのです。

薬用アットベリーに含まれている6つの保湿成分

薬用アットベリーは、気になる部分の黒ずみ・ブツブツに効果を期待できる製品なのですが、ただ黒ずみを解消するだけではなく「保湿」という点についても優れた成分が含まれているのです。
今回は、6つの保湿成分について着目をしてみましょう。

優しくもちもち肌を実現してくれるセラミド

セラミドは今では高い保湿効果で有名となった成分でもあります。
体内にもともとある成分ですので、取り入れやすいともいわれています。

期待できる効果としては、保湿機能を高めてくれたり水分が蒸発してくれるのを防いでくれる「バリア機能」を持っているといわれています。
保湿ばかりではなく、メラニンの生成を抑えてシミやしわの改善にも効果が期待できます。

高い保湿効果のコラーゲン

コラーゲンの代表的な効果に「弾力のある肌へ導く」というものがあります。
水分をしっかりと肌に閉じ込めてそれを持続させる効果があるのです。
と、同時に加齢や紫外線またはストレスといったさまざまな要因から下がってしまいがちな新陳代謝にもしっかりとアプローチをしてくれるのです。

エイジング効果もあるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は高い保湿力が期待できて、肌全体のしわやたるみといったものにも改善・予防効果が期待できます。
なんとその重量は1gでお水6リットルといわれているのです。

近年注目されている成分たち

「エラスチン」は、加齢と共に失われがちな弾力性の低下をカバーしてくれたり、肌のゴワつきを改善してくれ柔らかな肌質を目指していただけます。

そして「トレハロース」も製品には含まれているのですが、甘味料のイメージが強いかもしれません。
実は、トレハロースにおいては保湿効果から細胞を保護する効果・抗炎症効果なども期待できるのです。

それぞれ効果が高い6つの成分

今回は薬用アットベリーの6つの保湿成分について見ていきました。
それぞれが高い能力をもっていて、それらを同時に取り入れながら肌の黒ずみを改善していただけるのです。