脱毛と病気の関係まとめ。病人はサロンに行ける?施術で病気にならない?


「脱毛をしてみたいけど持病がある」「体調が悪いけど脱毛で悪化しないか心配」ということで悩んでいる方は少なくありません。

持病があっても脱毛を断られてしまうのでしょうか。
実際そのようなことはホームページには載っていませんし、なかなか知っている人もいないのではないでしょうか。

今回は脱毛と病気についてまとめてみました。特に、何か持病を持っている方は必見です!

持病があると脱毛はNG?

サロンによっても対応は異なりますが、病気の種類によっては施術をお断りするところがあります。

これはサロンのためというより、施術を受ける私たちのためという意味合いが強いのではないでしょうか。

元々持病があり施術中に万が一のことがあれば、大変な思いをするのは私たちです。
それを回避するために、カウンセリングであらかじめ持病や服用中の薬などを聞いています。

特にサロンはクリニックと違い病院ではありません。何かあってからでは対応できないこともあります。(救急車を呼ぶぐらいはしてもらえますが、適切な応急処置は期待できません)
なのでカウンセリングではウソをつかず、正直に答えたほうが身のためではないでしょうか。

サロンに断られる可能性のある病気

「施術を受けられない病気」というのは、もちろんサロンによって異なります。
ただ光脱毛によって重篤化しやすい病気はある程度判明しており、その病気の症状が過去に一度でもあれば施術を断られる可能性があります。

また抗生物質や精神安定剤などの薬を服用している場合も、施術を受けられないことがありますので気になる方はサロンに直接確認をしてみましょう。
それではサロンに断られる可能性のある病気を順番に確認していきましょう。

てんかん

てんかんとは、急に意識を失ったり痙攣を起こしてしまう病気です。
脱毛とてんかんは何ら因果関係がないとされていますが、てんかんはいつ発症するかわからない病気ですから、サロンでは断られる可能性が一番高い病気です。

パニック障害

パニック障害も同じように、いつ発症するかわからない病気です。過去に一度でも発症したことがあれば、いつ再発するかわかりません。
サロンでは個室で施術を受けますが、その閉ざされた空間ということで発作を起こす可能性が高いそうです。

甲状腺疾患

甲状腺とは、のどぼとけの下にある器官です。甲状腺ホルモンと呼ばれるホルモンを生成し、血液中に分泌する働きのある器官です。

甲状腺ホルモンには代謝を促し、体の発育を促す効果があると言われています。
光(フラッシュ)を当てることにより、疾患が重篤化する可能性があるのでこちらも断られる可能性があると考えておきましょう。

心疾患

心疾患とは、心臓やその周辺の臓器に異常が見られる病気です。これもてんかんやパニック障害と同じ様に、いつ何が起こるかわかりません。

病院では対処できることもありますが、脱毛サロンでは対応できない可能性があるのです。
特に心疾患は症状が悪化してしまったら、一分一秒を争う病気です。
サロンの光刺激やジェルによる温度差によって危険が生まれないとも言えないので、サロンでは断られる病気です。

内科系疾患

内科系疾患とは、体の内側で問題が起きる疾患です。漠然としていますが、風邪やインフルエンザから呼吸器の疾患、糖尿病や狭心症なども含まれます。
サロンによっても違いますが、これらは他のお客様の迷惑となることがあるので断られることがほとんどです。

皮膚系疾患

皮膚系疾患は、皮膚に何らかのトラブルが発生している病気です。お肌の荒れや湿疹、アレルギー、アトピー、あせもなどのことを指します。
サロンでは光を照射して脱毛を行います。その光や塗布するジェルに反応し、肌に異常が発生する可能性があります。

健康な人であれば問題のないレベルの光でも、皮膚系疾患を持つ人はそれに対して過剰に反応してしまうかもしれないのです。
「病院で薬をもらっている」「ちゃんと治療をしている」と言っても、サロンでは対応をしてもらえないことがあるということを覚えておきましょう。

施術で病気にならないか心配

脱毛、特にVIO脱毛の場合、性感染症などが気になりますよね?実際サロンでもそのようなことは起こり得るのでしょうか。サロンの衛生管理の実態を調査しました。

サロンの衛生管理

脱毛サロンでは、同じ機械を使っていろんな人に施術を行います。
ただ機械のヘッド部分はきちんと消毒されていますし、サロンによってはヘッドを皮膚にあてないように施術をしています。

当たり前ですが、ジェルはどのサロンも使い捨てです。専用のパンツもほとんどのサロンが使い捨てですが、中には洗濯して再利用しているサロンもあるでしょう。

どのサロンも衛生管理にはとても気をつかっていますが、完璧とは言えません。
指導が行き届いておらず、スタッフが消毒をし忘れていたということが絶対にないとは言い切れないのです。

ただもし感染症が起きるとサロンが大きなダメージを受け、場合によっては廃業に追い込まれてしまうことがありほとんどのサロンではしっかり管理がされています。

心配ならクリニックへ

サロンの衛生管理はきちんと管理していますが、人が行うことなので「絶対」はありません。
どうしても心配であれば、サロンではなく医療機関であるクリニックで脱毛を行いましょう。

クリニックなら、衛生管理に関してはサロンよりも圧倒的に厳しいので、性感染が起きるということはほぼないに等しいでしょう。
機械や脱毛に使用する道具を扱うスタッフも、クリニックであれば専門の資格を持っている人たちなので安心です。

きちんと自分の病気を把握しておきましょう

なんらかの持病がある場合、サロンでは脱毛を断られることがほとんどです。
自分の持病を隠して脱毛をし、万が一トラブルが発生すれば色んな人に迷惑をかけることになります。
まずは自分がかかっている病気をしっかりと把握し、脱毛サロンで相談してみることが大切です。
心配であれば、かかりつけの医師に相談してみるのも視野に入れておきましょう。