脱毛サロンは恥ずかしい?体勢や服装など女性が気になるポイントまとめ


これから脱毛に行こうと考えている人は、不安なことがたくさんあるかと思います。
「裸を見られるのが恥ずかしい」や「どんな体勢で施術を受けるのか気になる!」など、考えると不安になってしまうのではないでしょうか。

今回はこれから脱毛に行く人のために、お悩みを解決していきたいと思います。実際に脱毛をした人からの体験談、そしてスタッフの意見なども踏まえて解説をしていきます。

脱毛は全裸で行うの?どんな服装で施術するの?

まずは施術中の服装について見ていきましょう。サロンによっても異なりますが、そこまで差はありません。部位ごとに違うので、それぞれ見ていきたいと思います。

顔や腕などの脱毛

顔や腕だけの場合は、服を脱ぐ必要がありませんから、そのまま施術を行ってもらえるサロンがほとんどです。
デコルテなども脱毛する場合は、脱いで専用のタオルやガウンに着替えることがあります。

首元の広いキャミソールなどを着ている場合は、そのまま施術してもらえるサロンもあります。
腕や足など服を脱ぐ必要がなければそのまま施術をしてもらえるので、なるべくラフな(めくりやすい)服を着ていくと安心です。

背中やVIOの脱毛

背中を脱毛する場合、ほとんどのサロンでは専用のガウンやタオルが用意されています。
場合によってはパンツだけはいて、うつ伏せになって施術を受けることもあります。

寒ければ施術部位以外の場所ならタオルケットをかけてもらえるので、遠慮なく申し出てみましょう。
VIOも同じように、専用のガウンなどが用意されていることがほとんどです。

さらに脱毛部位は紙パンツなどを用意され、部分ごとにめくりながら施術をしてもらえます。
スタッフが体勢(仰向け、うつ伏せなど)を指示してくれるので、それに従っていれば問題ありません。
脱毛する部位がどこであっても施術直後の皮膚はヒリヒリしたり、赤みを帯びたりしています。

サロンでアフターケアをしていても、洋服の素材によっては刺激を与えてしまう事があります。
そのためシルクやシフォン素材など、肌触りが柔らかい素材の服を選ぶと安心ですよ。

裸を見られるのが恥ずかしい

サロンによっても異なりますが、部位によってはかなり際どい部分まで見られることがあります。
場合によっては全身を見られることや、胸も見られるかもしれません。

ただスタッフもプロですから、お客の裸は見慣れていますし、自分が考えるほどスタッフは私たちの体については見ていません。
体験談などを調べると「初めは恥ずかしかったけどだんだん慣れてきた」という人がほとんどです。

2、3回も施術をしてもらえれば、裸をみせることが苦ではなくなり「リラックスして話をしながら楽しめた」という人もたくさんいます。

中には「痛みでそれどころじゃなかった」という人もいるぐらいですから、そこまで見られることに関して構える必要はないでしょう。

VIOはどんな体勢で行われるの?

皆さん気になるのがこの問題ではないでしょうか。特にIラインやOラインをまじまじと見られるのは恥ずかしい、という方は多いかと思います。
一体どんな体勢で行われているのでしょうか。

Vラインの体勢

Vラインは仰向けになって施術を行います。専用の紙パンツをはいて、少しずつずらしながら光をあててもらえます。(全裸になることはありません)

部分によっては(見にくい場所などは)、「少し足を外側に広げて」と言われることもあります。
ただ基本的にすべては見えないようになっており、紙パンツでずらしながら照射するのでそこまで恥ずかしくはありません。

むしろ慣れてくると「ちゃんと光をあてて欲しいから全部脱ぎたい」という人もいるぐらいです。

Iライン

Iラインはよく「M字開脚をしなくてはいけない」というイメージがあるようですが、少し違います。
こちらも部分的に(左右片方ずつ)行いますので、M字開脚をする必要はありません。

まず仰向けになり片方の膝を立て、その膝を横に倒した状態(横に向かって膝蹴りをするイメージ)で、左右片方ずつ施術します。
この場合も紙パンツで隠しながら行いますので、全て丸見えということはありません。

Oライン

Oラインはサロンによって異なりますが、四つん這いになる場合と横向きになる場合があります。
四つん這いになるのはとても恥ずかしいので、横向きで行うサロンが増えているそうです。

基本的には横向きになって片方の膝を折り曲げ、片側ずつ施術を行います。
Oラインが一番恥ずかしいかもしれませんが、スタッフも慣れているので気にする必要はありません。

施術中濡れないか不安!トイレットペーパーがついてないか心配!

「施術中に濡れてしまわないか心配」「濡れたら恥ずかしい」という声があります。これは生理現象なので仕方のないことです。

おりものの場合もありますし、そもそもジェルを塗るので濡れていてもわからないことがほとんどです。
色んなお客がいる中でスタッフも慣れているので、そこまで心配する必要はないでしょう。

トイレットペーパーについてもそこまで気にしなくても大丈夫です。特にIラインは複雑な形をしていますので、トイレットペーパーの付着はよくあることだそうです。
気になる方は事前にウォシュレットで流しておくと良いでしょう。

脱毛サロンで恥ずかしいのは最初だけ

脱毛サロンに通う全ての人が、はじめは不安や悩みを抱えています。それでも一度体験してしまえば、恥ずかしさは消えて開放的な気分になれると言っています。

またスタッフもプロですから、いろいろなことに慣れています。はじめはどうしても抵抗があるかもしれませんが、まずは勇気を持って体験してみてはいかがでしょうか。

脱毛初心者必見!脱毛に行く際の服装について知っておこう!

初めてサロンへ脱毛に行くときは、どのような服装で行ったらいいか悩んでしまいますよね。全身なら着替えがしやすくて通気性がいいもの、脱毛箇所が一か所ならその部位をすぐに露出できるような服装にしましょう。また、施術前の肌は無駄毛が見えていて、施術後は赤みがあってヒリヒリしている状態です。無駄毛を隠す事ができて、なおかつデリケートな肌に刺激を与えないような、柔らかい素材のものを選びましょう。

全身脱毛なら脱ぎ着しやすいもの、ワキなどの1部位なら露出しやすいもの

wakinohuku全身脱毛を受ける際には、専用のバスローブに着替えるため、脱ぎ着しやすい洋服にしましょう。予約制のため、着替えに時間がかかると、カウンセリングの時間が短縮されてしまいます。また、フラッシュやレーザーを当てた後の皮膚は熱を持っているため、ポリエステルやナイロンなどの服は避け、なるべく通気性のいい素材でできたものを選んでください。

部分脱毛の場合は、脇ならタンクトップ、足や膝下ならフレアスカートなど、当日施術する部位がすぐに露出できるような服装がベストです。ジーンズやタイトスカートなどは、着替えが必要になる事があります。脱毛後の肌はとてもデリケートなため、少しの刺激でもトラブルが起きやすくなります。終わった後はカーディガンを羽織るなど、肌を露出させない洋服にしましょう。

締め付ける服はNG!脱毛部位が隠れつつ柔らかい素材の服なら安心

hukusou全身でも1部位でも、施術前は自分で無駄毛の処理をしておく必要があります。そのため、当日は無駄毛が少しだけ見えている状態です。できれば他人には見られたくないですよね。それを隠すためにも、当日の服装は脱毛部位が隠れるような服装がおすすめです。施術部分の大敵となる紫外線からも肌を守る事ができるので、一石二鳥です。

洋服の素材にも注意が必要です。フラッシュ式でもレーザー式でも、施術直後の皮膚はヒリヒリしたり、赤みを帯びたりしています。サロンでアフターケアをしていても、洋服の素材によっては刺激を与えてしまう事があります。そのため、シルクやシフォン素材など、肌触りが柔らかい素材の服を選ぶと安心です。

脱毛をする日は、脱ぎ着しやすく、施術後の肌を守れるような服装で行きましょう。ファッション性の高い洋服だと、着替えに時間がかかったり、肌に刺激を与えてしまったりする可能性があります。また、施術前は無駄毛が少しだけ生えている状態なので、それを隠せるかどうかも重要なポイントです。ファッション性よりも機能性を重視した服装を選びましょう。

脱毛サロンに関する口コミで良く上がる質問

女の子が脱毛する理由!露出したいから?処理がめんどくさいから?
脱毛は何歳から何歳までできるの?