脱毛サロンを使えば、自己処理の悩み埋没毛がすべて解決できる


黒いボツボツが特徴の埋没毛。ムダ毛処理を失敗することで、毛が皮膚の中に埋まってしまう症状です。キレイになろうとシェービングしていたら、逆効果になってしまい悲しい想いをすることも。

一体何が原因で埋没毛は発生してしまうのでしょうか? もし埋没毛が発生したとき、治し方はあるのでしょうか? 今回は埋没毛の原因や、予防方法、なってしまった後のケア方法などを紹介します。

ボツボツ肌になる埋没毛、原因は自己処理だった!

埋没毛は自然とできるものではありません。そのほとんどの原因が間違った方法によるムダ毛の自己処理です。そもそも埋没毛とは何か、そして具体的に何が原因で発生するのか、詳しく見ていきましょう。

埋没毛とは

埋没毛(まいぼつもう)とは、毛が皮膚の中に埋まってしまう症状です。いわゆる埋もれ毛と言われる症状で、皮膚の中から出てこないために炎症を起こしてしまうこともあります。

痛みやかゆみが発生することはほとんどありませんが、肌の見た目がとても悪くなります。本来は色が薄く細いムダ毛は産毛であることがほとんどで、そこまで目立ちません。

しかし埋没毛は皮膚の中で成長し固まって伸びてしまうので、黒い点のように目立ってしまうのです。これが1つ2つならまだしも、無数の毛が埋まっていると大変なことになります。

毛が皮膚の中に埋まっているだけなので、自分で処理しようと思えばできてしまうことも問題です。埋没毛は間違った方法で処理することで症状がひどくなったり、傷になったりすることもあります。

埋没毛の原因

ではどうして埋没毛が発生してしまうのか。その根本的な原因は、間違った方法でのムダ毛処理による皮膚へのダメージです。皮膚が傷つくと毛穴がふさがり、その中で毛が成長することで発生します。

例えばムダ毛を処理するため、無理に引っ張って抜くと皮膚細胞が傷ついてしまいます。すると細胞は傷を修復しようと分裂を繰り返し、毛穴がふさがってしまいます。

抜いても新しい毛は生えてくるので、皮膚の中で新しい毛が埋没毛となって成長してしまうのです。

その他、間違ったムダ毛処理の方法をご紹介しますので、是非参考にしてください。

  • 頻繁にカミソリで処理
  • 切れ味の悪いカミソリで処理
  • シェービングクリームなどを使わずにカミソリで処理
  • 脱毛ワックスや脱毛テープ、毛抜きで処理
  • 頻繁に除毛クリームを使って処理
    • 絶対にやってはいけない、埋没毛のNGケア方法まとめ

      埋没毛ができる原因と、その具体的な処理方法を確認してきました。しかし、丁寧に処理をしていても埋没毛は発生することがあります。もし見つけたら、どのようにケアすれば良いのでしょうか。

      1番してはいけない間違ったケア方法は、皮膚に穴を開けて埋没毛を無理にひっぱりだすことです。ヘアピンや細い針などで皮膚を破り、埋没毛を外に出してあげることは簡単です。

      しかしこれをしてしまうと、破って傷ついた皮膚がさらに分厚くなってしまいます。その時は処理できても、また次の埋没毛かできてしまうのです。

      さらに傷ついた皮膚に細菌が入り、炎症を起こしてしまう可能性もあります。ひどければ毛嚢炎になってしまったり、そのまま色素沈着してシミになったりするので、無理に穴を開けるのは絶対にやめましょう。

      自宅でできる埋没毛ケア。それでも肌ダメージは避けられない

      絶対にやってはいけないケア方法を確認したら、次は正しい埋没毛の処理方法を見ていきましょう。肌へのダメージは避けられませんが、皮膚を破るよりは肌のためになります。

      放置でも治る

      埋没毛は、毛穴がふさがることで発生します。そのまま放置していると、ターンオーバーによりムダな皮膚が剥がれ落ちていき、自然と治ってしまいます。

      軽度の埋没なら残った毛はそのまま出てきますし、出てこなくても体内に吸収されてしまうので問題ありません。

      しかし体内にうまく吸収されなかった場合、細胞に色素として残り、黒ずみの原因となります。そうならないように、埋没毛は正しい方法で処理することが望ましいのです。

      保湿ケアが大切

      保湿ケアは埋没毛処理とは関係ないように見えますが、そんなことはありません。肌が乾燥していると過角化(角質が分厚くなること)が進み、さらにターンオーバーが遅くなってしまいます。

      埋没毛を治すには、ターンオーバーを促進させることが大切ですから、乾燥は大敵です。埋没毛を見つけたときは、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

      基本は角質の除去

      埋没毛は毛穴が自然にふさがってしまう症状です。ニキビなどと違い、剥がれ落ちた角質や皮脂がつまっているわけではありません。埋没毛ができてもそのまま放置していれば、いずれ角質は剥がれ落ち、毛穴はもと通りになります。

      ただ症状がひどい場合、もと通りになるまでに時間がかかります。すると炎症を起こしてしまったり、色素沈着が起きてしまったりする可能性があります。そうならないように、自分で角質を落とすことでターンオーバーを促し、埋没毛を治す方法があります。

      角質除去の方法その1「ピーリング」

      ピーリングは、「剥ぎ取る」という意味の医療用語で、古い角質を取り除き、乱れたターンオーバーを正常化させる方法を指します。

      具体的なやり方はさまざまですが、基本的には特殊な薬品(クリームなど)を使って角質を溶かしてしまう方法です。化学的な方法で行うことから「ケミカルピーリング」と呼ばれることもあります。

      角質を落とすと言っても、古くなって剥がれ落ちる直前の角質を剥がす(ターンオーバーを促進させる)だけなので、新しい角質を落とすということではありません。つまり、埋没毛の症状がひどい場合はピーリングでは治らないこともあるということです。

      ピーリングは医療機関でもやってもらえますが、自宅でも気軽に行うことができます。ピーリング石鹸、ジェル、化粧水、ローション、クリームなどが販売されていますので、自分に合ったものを選んでみてください。

      注意点として、やり過ぎは肌に負担をかけてしまうので、1週間に1~2回程度にしておきましょう。乾燥肌や敏感肌の方もやめたほうがいいかもしれません。不安なら皮膚科で相談してみましょう。

      角質除去の方法その2「スクラブ」

      スクラブとは、細かい粒子のことを言います。ピーリングが化学的に角質を落とすのに対して、スクラブは細かい粒子によって物理的に角質を落とします。

      これだけ聞くと肌へのダメージが心配になりますが、やり過ぎなければ問題はありません。ただやはりこれもピーリングと同じで、乾燥肌や敏感肌の方はやめたほうがいいでしょう。

      スクラブの種類として有名なのが、塩、砂糖、米ぬか、重曹を原料に作られたものです。塩は粒が大きく洗浄力が強い、砂糖は肌を潤す効果など、原料によって特徴が異なります。

      こちらもピーリングと同じで、やり過ぎは肌への負担となります。多くても週に2回程度にしておきましょう。

      「ごしごしこすって角質を落とす」ということではないので、なるべく優しくなでるように行うのがポイントです。肌は濡らして、ある程度水気を含んだ状態で行いましょう。

      脱毛サロンの施術が最善!光脱毛なら予防も改善も可能

      埋没毛は自分でも処理できますが、症状が悪化してしまうリスクもありますよね。そんな時は、やはり専門のプロに任せるのが最善です。光脱毛であらかじめ脱毛していれば、そもそも埋没毛になることはありません。

      さらに埋没毛ができてしまった後でも、光脱毛によってキレイに治すことができます。炎症も起こらず、色素沈着の心配もありません。自己処理でキレイにできるならいいのですが、自信がなければ脱毛サロンで治してもらいましょう。

      間違った方法で自己処理することだけは、絶対に避けてくださいね。