痛い、高い、効果ない。今の脱毛サロンが不満ならすぐに乗り換えを


脱毛サロンに通っていると、「ここはハズレだな」と感じられることがあります。
効果、値段、その他のサービスなど、どのような理由で感じたとしても「乗り換え」がとても有効です。

乗り換えとは、今通っているサロンを解約して新しいところで新規契約を結ぶことです。不満点が解消される他にも、お得なサービスが付与されることがあります。

脱毛サロン経験者に聞く。あなたが乗り換えたタイミングは?

実際に、脱毛サロンの乗り換えはどのようなタイミングで行っているのでしょうか?経験者の回答をまとめてみました。

◆効果に満足できない
脱毛サロンで最も大切なことは、しっかり脱毛効果が得られることです。何回通ってもムダ毛が無くならないならば、高い費用を出す意味がありません。

このような時はもっと効果の高い場所に移り時です。
その時のコストが多少高くなっても、もっと素早く脱毛が進めばそれだけ通う回数が減るため、トータルのコストパフォーマンスが良くなるかもしれません。

「このサロンは信用できない!」というだけでなく、「光脱毛は自分に合わないかな?」と思った時なども、脱毛クリニックに乗り換えるタイミングですね。

◆施術が痛い
サロンでは少ないですが、クリニックでは痛みが嫌で他のサロンに乗り換えたいことがあります。レーザーでも痛みに敏感な方では辛いことがありますし、旧式のニードルでは尚更です。

◆料金が高い
料金は誰にとっても重要な要素ですね。現在通っている脱毛サロンよりも、もっと安いところを見つけたというのであれば、それだけで乗り換える価値があるでしょう。
乗り換え割引などのキャンペーンが適用されれば、更にお得になります。

◆対応していない部位がある
すねや脇などのメジャースポットはどこのサロンやクリニックでも対応しています。
しかしデリケートゾーンや眉などの脱毛が一部対応していない、もしくは高い料金を取られてしまうということがあります。

また、日焼けへの対応も重要です。サロンの施術では基本的に日焼けはNGとされており、程度によって施術を断られてしまいます。

継続して通っているとその間に日焼けしてしまうことがあるため、その時は柔軟に対応してくれるお店に乗り換えましょう。ニキビなども同じように考慮したい要素です。

◆サービスが悪い
サービスの充実度は、有名店でもそれなりしかないことがあります。
例えば、事前のシェービングをしておかないと施術を断られる、もしくは有料で剃ってもらわなければならないなどです。

他にも、アフターケアの丁寧さや万が一トラブルがあった時の対応などがあります。

◆予約が取れない
脱毛は毛の周期に合わせたタイミングで施術しなければ、効果が薄くなってしまいます。

しかし人気サロンでは、店舗によっては半年近く待たなければ施術が受けられないということもあるのです。

これでは意味がありませんし、行くことが面倒にもなってしまいます。この場合、もっと空きに余裕があるところに乗り換えることも手です。
また人気店でも、系列店を自由に行き来できるところがあるため狙い目です。

◆私情で通えない
理由としてまず挙げられるものが営業時間ですね。サロンによっては夕方ぐらいで閉店してしまうところもあれば、夜遅い時間まで行っているところもあります。

日中働いている方にとっては、後者の方が都合が良いでしょう。
また距離も問題になりやすく、移動の際に利用する電車は時間とお金が掛かります。

特に地方に住んでいる方には重要な要素で、「近くに新しく店舗ができた」という時は絶好の乗り換えタイミングです。

また引っ越しによって、そもそもの住所が大きく変わる時も乗り換えは有効でしょう。

以上から、「詐欺にあった」「肌トラブルが酷かった」など深刻な問題ではなく、意外とカジュアルな理由で乗り換えている方が多いことが分かりますね。

サロンによっては乗り換え割引あり、特にキレイモは50,000円と高額!

どこのサロンも他店から顧客を引き入れるべく、乗り換えキャンペーンを開催しています。内容として最も多いものが乗り換え割です。

そこでそれぞれがどれ位割引をしているのかをまとめました。
これは2017年7月時点の情報です。時期によって変わることがあるため、申し込む時は必ず公式サイトでチェックしてください。

  • 銀座カラー:20,000円OFF
  • キレイモ:最大50,000円OFF
  • 脱毛ラボ:最大30,000円OFF
    • 割引額で見ると、キレイモが圧倒的に高いことが分かります。
      乗り換え時にお得なだけでなく、パックプランによって顧客それぞれにベストマッチしたサービスを提供してくれる人気の脱毛サロンです。

      これら以外にも、初回のお試しプランとして格安で脱毛を体験できるところはたくさんあります。全身脱毛を受ける時に、既に処置が済んでいる部分だけ割引してもらうところもあるのです。

      乗り換えトラブルを避けるために押さえたい4つのポイント

      今脱毛サロンに不満を抱いている方は、「今すぐにでも乗り換えたい!」と思っているはずです。
      その前に、スムーズに乗り換えるための注意事項を押さえておきましょう。

      ◆事前調査を怠らない
      サロンを乗り換えても必ずしも良くなるとは限りません。かえって効果がなくなったり、値段が高くなったりすることも考えられます。

      ただ何となく「ここは高いな」「サービスが悪いな」と判断するのではなく、「他店とくらべて、ここはどうか?」と相対的に比較し判断する必要があります。

      ◆中途解約をしっかりと行う
      乗り換える時、解約の書類が必要となることがあります。
      また支払った料金の一部が返金されることもあるため、音信不通にせず「解約します」としっかり告げてから移りましょう。これは特に引っ越し時に忘れがちです。

      また解約時にしつこい勧誘や引き留めを受けることがありますが、毅然とした態度で断りましょう。

      ◆料金は解約料込みで考える
      通常、中途解約には手数料が掛かります。
      この額はサロンによってまちまちですが、仮に効果や値段などが同じレベルの場所に乗り換えたとしたら、解約料の分だけ損してしまうことになります。

      料金を理由に乗り換えするなら特に気をつけたい部分ですね。「乗り換えて良かった」と思えるようにするためにも、事前調査は重要になります。

      解約料について詳しくは後述してあるため、参考にしてみてください。

      ◆割引額をしっかり知る
      上述したキレイモや脱毛ラボなどで気をつけたいことは、「最大で」数万円オフになるということです。
      例えばキレイモは「最大50,000円OFF」となっていますが、利用状況やプランによっては50,000円より少ない割引になることがあります。

      解約料は高くても20,000円まで、それ以上は詐欺の危険

      乗り換えをする前に、法律という観点から見た解約手数料について知っておきましょう。
      通常はサロン側が提示した料金を払うことになりますが、実はこの上限は「特定商取引法」によって明確に決まっています。

      脱毛サロンを含むエステティックサービスは、「未使用サービス料金の1割、もしくは20,000円のいずれかの低いほう」が上限になります。

      つまり、どのようなお店やサービスだったとしても、20,000円を超える手数料はあり得ないということです。
      しかし、悪質なサロンでは素知らぬ顔をして20,000円以上を請求してくることも少なくありません。
      これは明らかに違法でけっしてその場で合意せず、国民生活センターなどに相談しましょう。

      今通っている脱毛サロンに不満がある方は、すぐに乗り換えをしましょう。まだ始めていない方でも、このような手段があるということを覚えておくといいですね。
      乗り換える時はサービスの質はもちろん、割引キャンペーンがお得なところを選びましょう。