「トリア」シリーズは家庭用脱毛器でも珍しいレーザー式


腋やすねなど、頑固なムダ毛を自宅で処理したいなら、「トリア」シリーズがおすすめです。
家庭用脱毛器のなかでも独自のポジションを確立しており、高い脱毛力が魅力の商品です。

トリアは小型のプレシジョンと高機能な4Xの2つから選べる

トリアシリーズ最大の特徴はレーザー式ということです。以下の2種類の商品があり、予算や脱毛したい部位に合わせて選べます。

◆プレシジョン
小型の機器で、ビキニラインや腋など細かいところのケアに適しています。36,800円と、そこそこ買い易い価格です。

◆4X
大型で高機能のため、プロ仕様の全身ケアが可能です。価格は54,800円と脱毛器のなかでは高価な部類だと言えます。

レーザー式の特徴は脱毛力が高いが痛みが強く、範囲が狭い

トリアは家庭用脱毛器のなかでも珍しいレーザー式です。
レーザーと言えば、一定の周波数の光を一箇所に集中して照射することで、高い脱毛力を誇る点が魅力です。

また、レーザーはサロンでは扱えずクリニックなどの医療機関でのみ施術が可能なので、希少性の高い方式だと言えます。
トリアでは家庭で使っても危険がない様な出力がかなり抑えられており、光が拡散しない為眩しくありません。

そのため、クリニックで施術してもらった時ほどの高い脱毛力は期待できません。それでも、家庭用機器の中では効果が強いと言えます。

デメリットも多少あり、出力が高ければその分だけ痛みを感じやすいことです。また、光を絞って照射することから1度に狭い範囲しかケアができません。

トリアシリーズは一長一短、脱毛したい部位に合わせて選ぶ

トリアシリーズを買う場合、脱毛したい場所に合わせて2種類のうちどちらかを選ぶ必要があります。しかし、どちらも一長一短でオールインワンとなる製品はありません。

小型のプレシジョンは機能面でも小規模で、4Xは5段階の出力調整が付いている一方、こちらは3段階しかありません。一方、高機能版の4Xはとにかく重い点が問題です。

すべての機能がハンディに詰め込まれており、重量は584gになります。背中など手が届きにくいところの処置はかなり苦労するでしょう。

また、上述したとおり照射口が狭いため、「全身用なのに全身のケアが面倒」というジレンマがあります。

いくつかのデメリットはあるものの、それでもトリアは高い脱毛力を持った優れた家庭用脱毛器です。
特に、レーザー式である点はあらゆるメーカーの中でも貴重な存在になります。頑固なムダ毛を処理するという目的ならおすすめの機器だと言えるでしょう。