無駄毛が増える生活習慣とは!?その原因と対処法を教えます

ストレスを抱えた女性

不規則な生活やストレスの蓄積、喫煙などといった生活習慣があるとムダ毛が増えます。
これは、この様な生活習慣から体を守ろうとして男性ホルモンが大量に分泌されるために起きる現象です。

こんな事になったら、女性にとっては大変な事態です。ではムダ毛を薄くする方法にはどんなものがあるのか、具体的な対処法を見ていきましょう。

ムダ毛が増えた?!理由は不規則な生活やストレス、喫煙

仕事が忙しくて不規則な生活を強いられ過度なストレスを受けると、体の中では男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

男性ホルモンはテストステロンとも呼ばれこれが多くなると精神的には活動的になりますが、外部からの刺激を守ろうとします。

そのため、体毛が濃くなる事があります。また、喫煙者は年々減少傾向にありますが、タバコを吸う事もテストステロンの分泌を促します。

ムダ毛を減らすためには、不規則な生活や喫煙などの生活習慣を改め、ストレスを上手く発散し女性ホルモンを補う事が大切です。

対処法1:大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンの働きをサポート

isohurabon
大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれています。
豆腐や納豆、味噌などを食生活に取り入れる事で、大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きを助けテストステロンを抑制します。
また、抑毛作用があるので、ストレスなどで増えてしまったムダ毛を薄くする効果もあります。

対処法2:赤身の肉はテストステロンを活発にするので摂取を控える

akami
牛肉や豚肉などの動物性タンパク質には、テストステロンの分泌を促す働きがあります。
特に赤身の肉はテストステロンを活発化させるため、摂りすぎるとムダ毛が増える原因となります。
肉中心の食生活を避け、野菜や魚などをメインに摂るようにしましょう。

対処法3:玉ねぎやニラを食べるときは水にさらし加熱する

tamanegi
野菜ならなんでもいいかというと、そうとも限りません。
玉ねぎやにんにく、ニラなどの臭いが強い野菜には、「アリシン」という成分が含まれており、テストステロンの分泌を促します。

アリシンは水溶性で熱に弱い性質を持っているため、調理するときは水にさらして成分を抜き、加熱したものを食べるようにしてください。

不規則な生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れテストステロンが優位になると、体を守ろうとして体毛が増えてしまいます。

できるだけ肉類や臭いの強い野菜は避け、女性ホルモンを活発にする大豆製品を意識的に摂取し、体内からもムダ毛対策を行いましょう。

これらの対策を行っても改善が見られない場合は、脱毛サロンで相談してみてはいかがでしょうか。

全身脱毛が安心価格で受けられると評判の銀座カラーやキレイモが人気です。