脱毛サロンの契約の前に絶対に確認すべき事

契約の確認

「脱毛サロンと契約を結ぶ」と聞くと、難しいイメージがありますよね。契約書にサインする前に、絶対に確認しておきたい事項は4つあります。
1つ目は総額でいくらかかるか、2つ目は有効期限がいつなのか、3つ目はプラン変更や途中解約時の料金がいくらかかるか、4つ目はクーリングオフが適応されるのかという事です。1つずつ順番に見ていきましょう。

脱毛の契約時にしっかり支払総額や有効期限などを確認する

keiyakusyokakunin
まずは「総額でいくらかかるか」という事を知っておきましょう。サロンやクリニックのプランには、回数無制限や月額制など色んな料金体系があります。

月額だけで見ると安く感じても、施術前の事前処理をきちんとしていなかった場合、剃り残しの処理としてあとから追加料金が発生する場合があります。

見積書が出てきたら、後からオプションとしてお金がかかる事があるかどうか必ず確認しましょう。サロンによってはチケット制の場合があります。

そのチケットの有効期限を確認しておかないと、あとで追加購入する事になり余計な出費がかかってしまいます。

また月額制の場合、施術に行けなかった月でも料金が一律でかかる場合があるので、施術をしなかった月の支払いがどうなるかも必ず確認してください。

プラン変更や途中解約時の料金、クーリングオフについて確認する

例えば、ワキだけのプランから全身脱毛に途中で変更したい場合、プラン変更の手数料がどれくらいかや差額についても知っておきたいです。

特に最初はキャンペーン料金が適用されていても、プランの変更時には通常料金になる場合があります。
また、脱毛効果に満足して有効期限を待たずに途中で解約する場合、手数料や返金があるかどうかも事前に確認しておくと安心です。

またサロンでの脱毛は、特定商品取引法に基づき一定の条件を満たせばクーリングオフができます。
ただし、クリニックでの脱毛は医療契約のためクーリングオフは適用されませんので注意しましょう。

その場の雰囲気に流されて料金体系などを理解しないままサインをしてしまうと、後々トラブルになる可能性があります。

契約期間が長いのであとで「知らなかった!」と慌てる事がないように、契約書にサインする前にこれらの項目をきちんと確認しましょう。

全身脱毛のトラブル時はクーリングオフで料金を取り戻せ!

脱毛はけっして安いものではありません。特に全身脱毛の場合、数十万円以上の契約をすることもあります。

そんな高額な契約でトラブルがあったらと思うと、怖くてなかなか手を出せないですよね。
しかし日本には、弱い立場の消費者を守ってくれる「クーリングオフ」と呼ばれる制度があります。

1度結んだ契約を解約できる、クーリングオフの条件とは

そもそもクーリングオフとは、契約をした後でも一定条件のもとで契約を解除できるシステムのことを言います。

脱毛に限らず様々なサービスにおいて、ユーザーは自分の意志で契約を結んでいくことが普通です。
しかし中には、「強引な勧誘にあった」「よく考えたら詐欺の気がする」「その時は良く見えたけど、今となっては契約すべきじゃなかったと思っている」ということもあります。

その様な時でも一定の条件を満たしていればクーリングオフによって契約を後から一方的に解除でき、なかったことにできるというわけです。もちろん費用は無料です。

脱毛サロンはクーリングオフの対象、高い全身脱毛の契約も安心

問題は脱毛の契約を結んだ時に、適用されるのかということです。脱毛サロンは「特定継続的役務提供」に含まれており、クーリングオフの対象となります。

これは継続的に提供されるサービスの中で、強引な勧誘や不適切な勧誘が行われやすい取引のことを指します。

脱毛サロンでは消費者がわからないような専門的な説明が行われる他、複雑なシステムで契約の内容をすぐに理解することが難しいと判断できるためです。

脱毛サロンでクーリングオフするための、3つの条件まとめ

脱毛サロンがクーリングオフの適用範囲だと言っても、どのような契約も後から解除できるわけではありません。

成立させるためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 契約書面受領日から8日以内であること
  2. 契約期間が1ヶ月以上であること
  3. 契約料金が5万円以上であること
    1. この中では①が重要なポイントで、しっかり理解しておく必要があります。言い換えれば、「契約当日を含めて8日目までにクーリングオフを申し出ること」です。9日を過ぎてしまうとクーリングオフができなくなるので、注意が必要になります。

      のちほど紹介しますが、クーリングオフの申し出は書面で行います。つまり8日以内というのは、8日目の消印が有効だということです。

      他の条件については、全身脱毛であれば自然と満たしているでしょう。しかし、体験脱毛など短期間のコースやプランでは条件を満たさないことがあるのでお気をつけてください。

      注意!脱毛クリニックではクーリングオフができません

      上述した条件に当てはまれば、脱毛サロンでの契約はクーリングオフの対象となります。

      ただし注意をしなければいけないことが、医療機関であるクリニック(病院)での脱毛契約はクーリングオフ対象外となることです。
      クリニックでは資格を持った医師が常駐しており、脱毛を「医療行為」として施術を行っています。

      そのような医療行為にはクーリングオフは適用されず、「8日以内」「1ヶ月以上」「5万円以上」という条件を満たしていても意味がありません。

      クーリングオフできるのは、医療行為でない脱毛サロンだけとなります。「〇〇病院」「〇〇診療所」「〇〇クリニック」と名の付く機関はすべて医療行為を行う病院です。
      医療脱毛は、しっかりと考えてから契約するようにしましょう。

      クリニックで契約を解除したい場合は?

      病院などの医療機関(クリニック)で脱毛の契約をした場合、クーリングオフによって契約を解除することはできません。

      それでも、何かしらの事情により脱毛契約を解除したいと思うことはあるはずです。
      そのような時は、できるだけ早くクリニックの相談窓口(電話など)で相談しましょう。クーリングオフはできませんが、同意のもと中途解約してくれる可能性があります。

      こちらの要件がクレーマーのような悪質なものでない限り、途中であっても契約の解除には同意してくれるでしょう。

      理由やクリニックの方針によっても、例えば以下のように対応が変わるため注意しましょう。

      • 地理的に通えなくなった場合(引っ越しや出張など)
        他の同系列のクリニックで対応できるようにする
      • ケガをしてクリニックに通院できなくなった場合
        一旦休止にして契約を1年引き延ばす

      ただしクーリングオフと違って、契約金のすべてが返還されるということはありません。クリニックの方針によっても異なりますが、たいていは「総支払額・これまでの施術にかかった金額」が返金されます。
      気になる方はカウンセリングの際にしっかり相談しておきましょう。

      クーリングオフのやり方。準備するものはハガキ1枚

      それでは実際にクーリングオフの方法をご紹介します。初心者にとっては難しく感じているかもしれませんが、やり方は簡単です。

      8日以内にハガキを送る

      クーリングオフで大切なことは、いち早く書面で相手に契約の解除を申し出ることです。
      相手との話し合いや、裁判所を通して契約を解除してもらう必要はなく、あくまでもこちらが相手に対して解約の意志を一方的に伝えることが大切でしょう。

      その方法は簡単で、ハガキを1枚用意して、解約をしたい旨を記し相手に送るだけです。
      こちらがハガキを送った後、相手に「そんなものは知らない」と主張されないように送付記録が残る「特定記録」で郵送しましょう。

      簡易書留や内容証明でもいいですが、クーリングオフは送付した時点で効力を発揮します。
      そのため配達記録が残る配達方法の中で一番安い「特定記録(+160円)」で問題ありません。
      送った日の消印が期間中であれば問題ありませんので、速達などにする必要もありません。

      ハガキに記載する内容まとめ

      ハガキには契約解除の意志を伝えるだけでなく、いくつか記載しておくべき内容があります。

      • 通知
      • 契約年月日 〇年〇月〇日
      • 会社名 〇〇株式会社〇〇サロン
      • 商品、サービス名 全身脱毛〇〇コース
      • 金額 〇〇万円
      • 契約解除の意志 「上記契約または申し込みを解除いたします。」
      • 自分の住所
      • 自分の氏名
      • 返金振込口座

      表面にはもちろん相手方の会社名、住所、わかるなら担当者名を記入します。これは普通にハガキを送る時と同じですね。以上の内容を記入し、相手に送るだけでクーリングオフは成立します。

      最初からクーリングオフを使わないよう、信頼できるサロンを

      クーリングオフは、立場の弱い消費者を守るための、私たちの正当な権利です。「お店に悪いから」などと思わずに、遠慮なく利用しましょう。

      特に脱毛サロンは、そのサービスの実態をその場で理解することが難しいことがほとんどです。
      さらに「キャンペーンだから、今契約すればお得!」などと煽られ、スタッフにすすめられるまま契約してしまうこともあります。

      商売で行っていることですから、スタッフに悪気はなくてもそのようなことが起こり得ますよね。
      そもそもそんなことが起こらないよう、契約前に信頼できるサロンを選ぶことも大切です。

      できることならクーリングオフは必要とせずに納得した上で契約を結び、トラブルなく気持ちよくサロンを利用したいものですね。

      あなたの脱毛ライフを安全にする、悪質サロンの見分け方

      サロンでの脱毛を成功させるために大切なことは、悪質サロンとは契約しないことです。
      しかし、どのようなところに行けば良いのか分からない初心者は何かと騙されてしまいます。
      そこで、悪質な脱毛サロンを避けるためのコツをご紹介します。

      ここで言う「悪質」とは、意図的に詐欺を働こうとするところ、サービスの質が低いために意図しないトラブルが起きるかもしれないところの両方を指します。

      脱毛サロンに行く前に、ネットを使って情報を収集

      実際にお店に行く前に、まずはネットを使って情報を集めてみましょう。お店の名前で調べると、次のような大切な情報を集められるはずです。

      ◆基本的な情報
      サービス内容や料金などは、サロンを探す上でほとんどの方が調べるでしょう。
      自分がどの様な脱毛をしたいのかを考えて、適用されるコースやキャンペーンなどもシミュレートして下さい。

      ◆万が一の時のこと
      解約したい時はどうすれば良いのか、肌トラブルが起きた時何かサポートはあるのかなどを見ましょう。
      これらが明記されていない所はそもそも解約させるつもりがなかったり、何か問題が起きても知らぬ存ぜぬのスタンスであったりします。
      万が一の時を想定しない方が多く、リサーチを忘れやすい項目です。

      ◆評判
      どれだけ公式サイトで良いことが書かれていても、本当に良いサロンとは限りません。
      他のサイトで評判を調べ、良い点だけでなく悪いところもピックアップすることが重要です。褒めちぎったような口コミよりもリアリティーがあります。

      稀に「まったく情報がなかった」という所もありますが、この場合は利用しない方が無難です。
      公式サイトがないところは問題ありの可能性が高く、口コミがないところは誰か利用したか不鮮明で不安が残ります。
      やはり、たくさんの方が「利用した」と話しているサロンのほうが、安心感があります。近くに別のお店があったとしても、まずは電車を使ってでも人気店に行きたいものですね。

      初回の来店でチェックしたい、サロンの質が分かる5つのポイント

      脱毛サロン1回目の来店は様子見です。実際に行ってもすぐに契約を結ぶのではなく、次のような要素を見て本当に信用できるのかを吟味してください。

      けっして、どれか1つ当てはまっただけで「悪質だ」と断定できるわけではありませんが、契約はかなり慎重になる必要があります。

      ◆店内の様子が悪い
      詐欺というよりは、サービスのクオリティーが低いかどうかの目安になります。客商売である以上、スタッフの対応が悪いところはおすすめできません。

      他に注目したいことは清潔さです。ほこりやゴミは落ちていないかを見ましょう。
      脱毛後の肌はとてもデリケートなので、不潔な環境は単に不快なだけでなく肌トラブルを起こすことも考えられます。

      ◆無料カウンセリングがない
      一般的なサロンでは、それぞれの顧客が希望している脱毛箇所や肌の悩みなどを聞くカウンセリングの時間が設けられますが普通は無料です。

      しかし場所によってはカウンセリングが全くない、もしくはお金を取るようなところがあります。
      本来、カウンセリングは各人にぴったりのプランを提供するためになくてはならないものです。いきなり契約を結ばせるようなところは信用しない方が良いでしょう。

      ◆説明の仕方が分かりにくい
      詐欺を働こうとする悪質サロンは、とにかくまくし立てるように話す傾向があります。これは相手に断る隙を与えず、勢いで契約させてしまうためです。

      意図的でなくても、サービスの品質が低いところでは、スタッフが自分のサービスを把握しておらず曖昧な話し方をすることがあります。

      ◆説明の内容に食い違いがある
      特に公式サイトに書かれている内容と実際の説明が食い違っていることがあります。
      料金に矛盾があっても「実は料金を改定しておりまして…」など、最もらしい言い訳をしてくるようです。

      あるいは「いえ、もともとこの値段ですが」と素知らぬ顔をして、相手が「あれ、自分の勘違いだったかな?」と弱気になることを期待しています。

      ◆自主的に値段を下げてくる
      脱毛サロンは何かとお金が掛かるものです。そこで「予算が足りない」と言うと「それなら安くしますよ」とすぐさま値下げしてくることがあります。

      聞いている側としては嬉しいかもしれませんが、それでは「最初に提示した値段は一体何だったのか?」という話になります。

      しっかりとしたサロンほど自社サービスに責任を持ち、安易な値下げはしません。

      焦らず厳密に、キッパリと。悪質サロンで騙されないための行動とは

      もしサロンに初めて行った時に騙されない為のアクションをご紹介します。スタッフとやり取りしている時に「あれ?」と思ったら、安易に契約しないよう気をつけましょう。

      ◆お試しプラン、無料体験などから始める
      1回限りの格安プランで、サービスの質がどれぐらいかを体験してみましょう。
      サロンとしては格安で施術を受けさせるだけでは赤字ですから、躍起になって勧誘するところもあります。

      しかし、施術内容に満足できなかったら、そこで押し切られてはいけません。毅然とした対応で断りましょう。

      ◆勧誘を断る
      上記にもあるように、脱毛サロンで勧誘を断ることはトラブルを避けるために必要です。しっかり自分で判断して、不要だと判断したらキッパリと断りましょう。

      ◆相手が答えにくい質問をする
      悪質サロンを見分ける目的でなくても、脱毛サロンと契約する時に押さえておきたい質問事項があります。「怪しい」と思ったら、あえて質問して揺さぶってみても良いでしょう。

      ◆説明の食い違いを許さない
      公式サイトと実際の説明などの食い違いは、悪質なサロンでは意図的に行っていることがあるため必ず追求しましょう。

      しっかり指摘するためにも、ホームページの内容はしっかり把握しておかなければなりません。スマホでブックマークしておく、メモを取るなどしておくと良いでしょう。

      ◆厳密な料金の確認を徹底する
      悪質サロンの目的は客として来た人の肌を痛め付けることではなく、お金を騙し取ることです。つまり、何か罠を仕掛けているとしたら料金になります。

      特に気をつけたいものがオプションです。基本料金を聞いただけで満足せず、オプションも含めて最終的にいくら払わなければならないのか確認してください。

      ◆初回は即決せず、持ち帰り前提で
      初めてのサロンに行けば誰でも緊張するものです。また、悪質なところでは複数のスタッフで囲んでくることもあり、正常な判断ができない可能性があります。

      どうすれば良いのか分からなかった時のベストアンサーは「帰ってよく検討してみます」です。一度帰って、頭が冷えた頃に考え直してみましょう。

      この言葉に対し悪質サロンで最も多い返しが「今すぐでなければ契約できません」です。
      このように無理に即時契約を求めてくるところは、安心してキッパリと断ってください。

      脱毛サロンでトラブルが起きたらすぐに国民生活センターへ

      悪質な脱毛サロンでトラブルが起きたという事例は、法整備や取締の強化などによって年々減っているようです。それでも、被害がまったくないというわけではありません。

      どのようなお店に行く場合でも、「本当に安全かな?」ということをしっかり確かめたほうが良いでしょう。

      万が一何かトラブルが起きたら、国民生活センターに相談してください。
      脱毛を含む様々な商品やサービスについての苦情や問い合わせを扱っている機関です。また、契約後8日以内ならクーリングオフを適用できる場合もあります。

      しかし1番大切なことは、そもそもトラブルを起こさないこと。そのためにも、最初から信頼できる脱毛サロンに行きたいですね。

      脱毛サロンを選ぶ上でもっとも単純で有効な方法は、多くの方が支持しているところを選ぶということ。それだけ安全で、サービスの質も高いと判断できるためです。

      以下のようなサロンは脱毛業界でも特に人気の店舗です。どこにしようか迷っている方は、まずはここから検討してみましょう。

      他にも気になる脱毛サロンについて知っておきたい事

      絶対覚えておいた方がいい!脱毛前の自己処理の仕方と事前準備