脱毛でトラブルが起きたら?実際にあった脱毛トラブルと対処法

脱毛トラブルお断り

脱毛サロンやクリニックを選ぶ際、気になるのがトラブル時の対処法です。
主なトラブルとして、レーザーによる肌のやけどや予約が取りづらい、勧誘がしつこいというものがあります。
こうした事態が起こった場合の対処の仕方について幾つか紹介します。

レーザーで肌がやけどしたときの対処法は保冷剤で冷やして皮膚科へ

yakedo
クリニックで医療レーザー脱毛を受けたあと、肌が赤くなりヒリヒリとした痛みを感じる事があります。
脱毛サロンで取り扱っているフラッシュ式と比べて医療レーザーは出力が強いため、照射レベルによっては軽いやけどを起こす場合があります。

この様なときは、施術後に保冷剤などで患部を冷やしましょう。またレーザーは毛穴の雑菌を殺す力がありますが、同時に皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。施術後に雑菌が入ってしまうと、ニキビの原因となります。

これを防ぐためには患部を清潔に保ち、化粧水などで保湿しておく必要があります。そして、入浴や激しい運動は、肌に熱を与えることになるのでやめましょう。

また施術後の肌は紫外線のダメージを受けやすいので、外出するときは日焼け止めを塗る事も大事です。
2~3日経っても炎症が治まらない場合は、皮膚科で診察を受けましょう。

また、施術後の肌トラブルについて治療費やアフターケアなどの保証があるかどうか、契約時に確認しておく事も大事です。

光脱毛後の炎症は冷却と保湿、多汗にはデオドラント剤

光脱毛は、照射レベルが強すぎたり、同じ場所に集中して当てたりすると炎症を起こしやすくなります。
光そのものは黒い色素にしか反応しませんが、照射時に出る熱によって、赤いぶつぶつができてしまう事があります。

アフターケアはサロンでも行ってくれますが、赤みや痛みが続く場合は自宅でも患部を冷やし、化粧水や乳液などで保湿しましょう。

施術後に汗をかきやすくなる副作用もあります。これは汗を出すエクリン腺が活発になる事が原因で起きるのす。

また、毛がなくなった事で汗が流れ落ちやすくなるため、いつもより汗を感じやすくなる事もあります。
これは一時的な症状なので気になるようであれば、汗止め効果の高いロールオンタイプのデオドラント剤を使って対処しましょう。

レーザー脱毛の副作用には、炎症や火傷、にきびがあります。これらは患部を冷やし、保湿する事で症状が和らぎます。

光脱毛の場合も炎症や多汗という副作用がありますが、レーザーよりも照射レベルが低くトラブルが起きにくいので安全です。

これらの副作用と対処法を事前に知っておけば、いざ肌トラブルが起きても安心ですね。
万が一対処法がわからなくても、脱毛クリニックには医師が常駐しているのですぐ対応してもらえます。

脱毛の予約が取れない!系列店が使えるかどうか確認する

期間限定で脱毛キャンペーンを行っていたり、新規のお客さんが増えたりして混雑する6月後半から7月の時期は、予約を取ろうと思ってもなかなか取れない場合があります。

脱毛は毛周期に合わせて行わないと効果が出ないため、自分の希望する日に予約が取れないと困りますよね。

大手サロンの場合、系列店ならどの店舗でも同じ施術が受けられるシステムを採っている事があります。
またサロンによっては「○年通い放題」というプランもありますが、予約が取りづらくてその期間を過ぎてしまうと、回数制のほうがお得だったというケースもあります。

契約する前に混雑する時期の対応や別の店舗でも施術が受けられるかどうかを確認しましょう。

脱毛の勧誘がしつこい!強い意志でハッキリと断る

kanyu
ワキ脱毛だけを契約しているのに、施術後に他のコースをすすめられる事があります。
例えば「今なら70%オフの料金でVIOラインを脱毛できます」などと施術の度に言われると、VIOラインの脱毛を考えていない人にとっては迷惑に感じてしまいますよね。

この様な場合、「今は金銭的な余裕がなくて」と言って断ってはいけません。
こんなことを言うと分割払いを提案される事が多いので、「興味がない」や「今後、退職する予定なので支払いの見通しが立たない」など、強い意志でハッキリと断りましょう。

契約前にサロンの公式ホームページを見て「しつこい勧誘はいたしません」などの言葉があるかどうか、チェックしておくと安心です。

レーザーによるやけどや予約の取りづらさ、しつこい勧誘は実際にあった脱毛トラブルの一例です。
やけどの場合は保冷剤で冷やし、皮膚科で診てもらうなどアフターケアが必要ですね。

予約が取りづらかったり、勧誘がしつこかったりする脱毛サロンや脱毛クリニックを避けるためにも、口コミや信頼できる友人の話などを参考にして脱毛サロンを選びましょう。

料金や乗り換えなど、脱毛サロンが潰れた時の対処法

キレイになるため脱毛サロンに通い始め、お金も払ったそんな時、サロン倒産の知らせを聞いてびっくりしますよね。そんなこと絶対にあり得ない!と思っていませんか?

もし自分の通っているサロンが倒産してしまったら、お金は返してもらえるのでしょうか。もし潰れてしまったら、どのような対応をとればいいのでしょうか。

倒産したらお金はどうなる?

万が一自分が通っているサロンが倒産したら、お金は返ってくるのでしょうか。実は一度払ってしまったお金は、倒産後に返ってくることはほとんどありません。
返すお金がないから倒産するのであって、お金が返せるということは倒産状態ではないということですからね。

もしサロンが倒産してしまったら、消費者は泣き寝入りをするしかないようです。
契約金をローンや分割で支払っていて、契約金の支払いが残っている場合は、すでに支払ったお金は返ってきませんが残りの契約金は支払う必要はありません。

カードでローンを組んでいる場合はすぐにカード会社に連絡をし、引き落としを止めてもらいましょう。
この場合カード会社との交渉となりますので、引き落としを止めてもらえるかは五分五分と言ったところです。

契約書に、倒産時の返金措置について書かれてあれば返金される可能性はありますが、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

サロンが潰れた時の対処法

お金が返ってこないなんて信じられないですよね。でもそれは実際に起こり得ることなので、万が一に備えて対処法を知っておきましょう。

サロンにすぐに確認をとる

倒産の知らせはいつどこからやってくるかわかりません。家でテレビを見ている時に、ニュースでそれを知ることもあるでしょう。

もし自分が通っているサロンが倒産したと知ったら、まずはすぐにサロンに電話をして確認してみましょう。

すでに夜逃げ状態で電話がつながらない、同じような被害者が多く問い合わせが殺到して電話がつながらない、という状態になっている可能性が高いですが、まずは電話をしてみることが大切です。

その情報が間違っていれば、普通に電話がつながり今後も通えるかもしれませんからね。
まずはホームページで問い合わせの電話番号を確認し(この時点でHPも閉鎖されている可能性はあります)、電話をしましょう。

つながらなければ、個別の店舗(2、3店舗)に電話をします。
もし自分の通っている店舗だけが閉店するということであれば、他の店舗で対応してもらえる可能性があるのです。

カードの支払いを止めてもらう

ホームページも閉鎖されていてどこにも電話がつながらない場合、すぐにカードの支払いを止めてもらいましょう。

現金払いや、カードで一括支払いをしている場合は諦めるしかありませんが、分割払いの契約をしているならまだ間に合うかもしれません。

消費者センターへ連絡をする

契約に関することや倒産については、法律についての知識がないとわからないことがたくさんあります。
そんな時に消費者の立場に立って相談に乗ってもらえるのが「消費者センター」です。

「詐欺にあった」「倒産した」など、主に企業と消費者の間の契約関係についてトラブルがあった時に、弱い立場である消費者が相談できる機関です。

返金される可能性は低いですが、どのような状況かを知るためにもまずは消費者センターに電話をしてみましょう。

危険な目に合わないためには

こういったトラブルに遭わないもっとも簡単な方法は、支払いを分割にすることです。一括で支払いをしてしまうと後で取り返せなくなります。

利息や手数料は発生しますが、分割払いをすることで少しでもそのリスクを減らすことができるでしょう。

常にアンテナを張っておくことが大切

倒産が近い会社では、現金での支払いをお願いされることがあります。また口コミなども気にしている暇がないため、強引な勧誘もあるかもしれません。

経営が難しくなり、店舗の清掃が行き届いていないこともあります。
そういう些細なことを敏感に読み取り、少しでもおかしなところがあればそのサロンは避けるなど、常にアンテナを張っておくようにしましょう。

絶対に危険な目に合わない方法はありませんが、少しでも可能性を低くするために、あらかじめ倒産の危険性について知っておきましょう。

また、そのような自体にならないよう、できるだけ大手のサロンに通うのも手になります。

脱毛サロンやクリニックに関するその他のトラブル

無駄毛が増える生活習慣とは!?その原因と対処法を教えます
脱毛すると汗が増えるのはなぜなのか?臭いは?対処法はあるの?