脱毛クリームでの自己処理方法と注意点

脱毛クリームでお手入れ

脱毛クリームとは?効果はあるの?

脱毛テープ、脱毛ワックスなどはよく聞きますが脱毛クリームはあまり聞かないという人も多いのではないでしょうか?

脱毛クリームは正確には「除毛クリーム」という名称になります。これはワックスのように毛を抜いていくわけではなく、表面の毛を溶かしていくからです。

脱毛テープや脱毛ワックスのように根元からの脱毛はできません。しかしカミソリなどよりも深めに毛を溶かすことができ、カミソリ負けしやすい人などでも安心して使えることがメリットで、脱毛に興味を持ち始めたティーン層やムダ毛を少なくしたいと考えている男性などから人気が高いです。

根元の毛根は残っている状態なので持ちはワックスなどよりも短いですが、肌に対する負担などを考えると脱毛クリームの方がおすすめともいえます。

脱毛クリームと抑毛クリームの違い

脱毛クリームは表面に出ている毛を溶かしていくものであり、抑毛クリームは毛を生えにくくするものになります。脱毛クリームの後に抑毛クリームを使うことで、より長い期間表面の無毛状態を維持しやすいともいえます。

ですが二つのクリームを購入するとコストパフォーマンスがあまりよくなく、結果として「脱毛クリーム+抑毛クリーム>脱毛ワックス」の金額になってしまうことも多々あります。

脱毛クリームは脱毛初心者向けでもあるので、二つを併用すらならばサロンでの脱毛かブラジリアンワックスなどを購入した方が満足度が高いでしょう。

脱毛クリームの効果は?どれくらい生えてこないの?

脱毛クリームの効果はカミソリに似ています。カミソリは剃った部分が時間の経過と共に伸びてきますが、脱毛クリームもこれと同じです。

カミソリ負けしやすい人はクリームの方が除毛が綺麗にできるのでおすすめと言えます。カミソリの様に皮膚の表面を削り取らないのと深剃りでの傷ができない面からも、脱毛初心者でカミソリは苦手という人に向いているとも言えます。

効果は毛の表面を溶かすものなので4~10日前後になります。

脱毛クリームでは脱毛できない

脱毛クリームは除毛ができるのであり、これで脱毛ができるものではありません。そもそも脱毛クリームの多くが医薬部外品であり医薬品ではありません。

脱毛と名前が付いていても実際には除毛である製品が多く、インターネットなどで「塗るだけで永久脱毛」と書いてあるものには注意が必要です。

永久脱毛を名乗っていいのは医療脱毛だけであり、エステサロンなどでも脱毛とは名乗っていても永久脱毛とは名乗っていません。

エステサロンの脱毛などでもほぼ永久脱毛に近い状態になりますが、正式に名乗っていいのは医療脱毛だけになります。

医療脱毛はレーザーやニードルを用いるものが多く、医師免許が必要です。スタッフも看護師免許を持っており美容外科の扱いになりますが、通常のクリニックと何ら変わりはありません。

市販の物で毛根から脱毛をするならば、「光脱毛器具」などが必要になります。ですがその様な脱毛器具は高額な物が殆どであり、手順もクリームのように簡単なものではありません。

ネットなどで販売している「塗るだけで永久脱毛ができるクリーム」は成分に何が入っているのかわからず、もし塗るだけで永久脱毛ができるならば劇薬が入っている可能性が高いということになります。

ほとんどは過大広告ではありますが、脱毛クリームでは脱毛できないということを認識しておくといいかもしれません。

効果のある脱毛クリームの選び方

脱毛クリームは塗って時間を少しおいて、流すかふき取るだけです。手軽なもので男女ともに人気があります。最近では男性でもムダ毛に悩む人が多くなったこともあり、脱毛クリームを試しに使ってみるという人も増えています。

男性のムダ毛と女性のムダ毛は太さや硬さが異なることが多く、男性のムダ毛の脱毛クリームの成分は少し強めになっていることが多いです。

肌が弱い人などは「男性用」などの表記がないものを選ぶといいかもしれません。

なぜ男性用脱毛クリームは効果が強いのか?

発毛にはホルモンが大きく関わっており、主になるものが女性ホルモンです。男性は女性ホルモンが極小しかないので女性よりも薄毛になりやすい面があります。

育毛剤も男性用の表記のある物は妊婦の使用厳禁にする物が多く、脱毛クリームも男性用と書かれているものは男女両方で使えるクリームよりも配合が変わっていることがあります。

一般的に男性のムダ毛は女性よりも太く堅いです。女性用では溶かせないことも多々あり、男性用の脱毛クリームの開発が進みました。

太さにして2~4倍の差がある男性用のむだ毛を溶かせるものならば、女性が肌につけることで脱毛効果よりも肌への負担が大きくなることは簡単に想像がつくかと思います。

アンダーヘアなどに使うという人もいますが、アンダーこそ安全に脱毛すべき部分であり安易に強いクリームを使うべきではありません。

おすすめ!市販の脱毛クリームを紹介

脱毛クリームは基本的に塗って肌になじませた後にふき取ってシャワーなどで流すだけです。短時間で効果もでますが、短時間のものはそれだけ肌への負担が大きいという可能性も出てきます。

肌に対する負担軽減成分がどれだけ入っているのかも購入の際に選択する目安として大事なものになります。

エピラット

エピラットのシリーズは脱毛グッズとしてはもはや文句なしの殿堂入りと言ってもいいでしょう。脱毛テープやかみそりなども含めてあらゆる脱毛のジャンルで安定したクオリティと安全性を誇る存在です。

エピラットは肌への保護成分としてセラミドやカモミールエキスなどをふんだんに使用しており、敏感肌の人でもクリームがしみないように配慮されています。

ドラッグストアなどで簡単に購入できる面も人気の一つであり、価格も900円前後のお手軽です。脱毛クリームを落す際のアプリケーターもついており、エピラットシリーズの優秀さがわかります。

脱毛クリームにありがちなきつい臭いもなく、初心者でも安心て脱毛ができるように配慮されています。これから脱毛クリームを試してみたいという人にもおすすめのクリームです。

ヴィート バスタイム 除毛クリーム 敏感肌用 150g (Veet In Shower Hair Removal Cream Sensitive 150g)

エピラット同様にヴィートも脱毛グッズの殿堂入りと言えます。中でもこのバスタイムは名前の通りにバスタイムでも使えるものであり、塗布した後に体などを洗っている間にクリームがムダ毛の処理をしてくれます。

バスタイムでの使用は可能ですが、できればバスタイムではない使用の方がより安全に脱毛ができるでしょう。

効果の高さは口コミにも多くあるように敏感肌でも安心し利用できるだけでなく、太い毛でも問題なく使えるので、男性などでもV、I、Oに注意しながら使用する人も多いほどです。

価格も900円前後であり、急なお出かけなどで何とかしたい時にも薬局などで購入して脱毛、お出かけが可能な速さであり安定した品質を誇っています。

バスタイムでの使用の際にはクリームが脱毛したい場所以外や粘膜などに触れないようにすることが大事になります。

効果が高いのでバスタイム以外の使用で、より安全で安定した脱毛が可能になります。

ツルクイーンズ 除毛剤 120g

ツルクイーンズは男性からの人気が高いことが特徴になります。レビューなどでも男性の声が多く、男女兼用にはなっていますが硬い毛や太い毛でも効果が得られると考え良いでしょう。

V、I、Oでの使用報告例が多いですが、脱毛クリームはVなど向けには作られていません。価格は1500円前後で少し高めにはなりますが、しっかりと効果が出ることを考えれば部分的に使うにはおすすめと言えます。

脱毛クリームのメリットデメリット

脱毛クリームのメリット

  • 塗るだけでOK。
  • 時間も短時間のものが多い。
  • カミソリよりもきれいな効果を出せる。

この三点が大きなメリットになります。脱毛クリームは毛を抜いているものではなく毛を溶かしているので、カミソリよりも綺麗に表面をけすことができるので伸びてきた時のチクチク感がありません。

カミソリはランダムに毛の角度を切っていくのに対し、クリームは均等に馴染ませるだけなので毛穴の中にも少しだけ浸透し毛の生えてくる速度を遅くする効果もあります。

脱毛クリームのデメリット

  • 脱毛ができるわけではない。
  • カミソリよりも持ちがほんの少し長いだけである。
  • 使用できない部分が多い。

脱毛クリームという名前で親しまれていますが正確には除毛クリームであり、完全な脱毛ができるわけではありません。脱毛ワックスよりも効果はマイルドであり、サロンの様に綺麗に脱毛ができるわけでもありません。

またVラインなどはあくまで自己責任であり、脱毛クリームの多くに「使用しないでください」と書かれています。

脱毛体験として使用する分は便利ですが、サロンのような長期の効果は期待できないのでクリームを1年使う場合は1個を1か月として約12000円になります。

この金額でサロン脱毛を利用できてしまうので、クリームを長期に使えば使う程サロンの方が割安になっていきます。

脇に使用する場合は半年でサロンでの脇脱毛と同等の金額にます。(サロンの平均価格が5000円として、キャンペーンなどの激安は省いております。)

半年でサロンが3~6回の脱毛が完了するので75~95%の脇脱毛を終えることができます。この計算からもクリームを長期に使うならばサロンなどでの脱毛の方がお得と考えられます。

まとめ

クリームは脱毛初心者にはとても便利なものであり、サロンなどに行く前に体験脱毛としてむだ毛がないという快適さを知るにもおすすめです。

ティーン層などで脱毛サロンに行けない年齢層に大きな支持があるのも納得であり、男性などでもサロンに通えない人などの利用が増えています。

ムダ毛の悩みは男女共通でありこの無毛の快適さを維持するためにとサロンに通う人も多くなっています。

カミソリ負けしやすい人などもクリームならば金属が入っていないのでアレルギーなども起きにくく、肌にも負担が少ない面も人気の一つです。

ですが、比べるとサロンの方が金額も安く仕上がりも段違いの良さになってしまいます。1度クリームで体験してみていいな、と思った場合はサロンでの脱毛を考えたほうがお得ともいえます。

除毛クリーム以外にも!お風呂で気軽に出来る自己処理

除毛剤での自己処理方法と注意点
脱色剤での自己処理方法と注意点