電気シェーバーによるシェービング方法と自己処理の注意点

シェーバー

シェーバー脱毛の注意点は?

簡単に除毛ができること人気のシェーバーですが、最近の人気は電動のものになります。
電気シェーバーはカミソリよりも安全度が高く、使い捨てではないのでコストパフォーマンスの良さも人気の秘訣です。

電気シェーバーは便利ですが、ついつい強く押し当てすぎてしまうことがあります。電気シェーバーの多くに書かれていますが、「過度の力を入れない」ことは大切です。

替え刃を上手に利用する

電気シェーバーは購入したキットにほぼ替え刃がセットとなっています。
いくらカミソリよりは錆にくいものでも、長期間同じ刃を使うことは衛生面からもおすすめできません。
傷んでいる刃を使い続けることで皮膚に傷をつけてしまうこともあります。こまめに刃を替えておきましょう。

電池の残量や充電にも注意

電動シェーバーは電池などの残量が少ないと動きが遅くなります。この時に無理やり肌に当てることで余計な負荷がかかってしまい、皮膚に傷をつける原因にもなります。

電動シェーバーの正しい使い方は?

電動シェーバーも基本的にはカミソリと同じように毛の流れに沿ってあてていきます。
この時に電動は刃先が一定の速度で動いてくれるので、自分で上下させる必要もありません。

カミソリでは剃るのが難しい場所も当てることさえできれば除毛できます。
電気シェーバーは刃先そのものが安全に作られているのでカミソリよりも細かく剃ることができるのと、カミソリのような傷ができにくいです。

ですが、肌にごしごしとあてるように動かせば当然肌は傷んでしまいます。カミソリ同様、除毛後には保水、保湿をすることが大事です。

電動シェーバーの選び方はあるの?おすすめは?

家電量販店などにいくと、女性用の電動シェーバーの専用コーナーもあります。それだけ脱毛を含めた市場の大きさが留まることを知らないということになります。

女性にとってのむだ毛の問題はとても大きく、脱毛サロンなどに通うにもサロンにいく前にセルフシェービングを求められることが殆どです。

この際に使用するにも電気シェーバーが便利であり、発毛周期を狂わせることがカミソリより少ないともいえます。では、実際に見るときはどこを見るべきなのでしょうか。

電気シェーバーの選び方にはポイントがあります。
<その1、切れ味のよさ>
いくら安全でもむだ毛が満足にそれないのでは問題外です。簡単で綺麗にできるのが電気シェーバーの良さなので、切れ味は大事なことになります。

<その2、肌への優しさ>
電気シェーバーを購入する人の多くが毎日使用したいと考えています。
肌のへの負担がどれだけ少ないか、刃先が肌に直接触れるのか触れないかなどもチェックするべき部分です。

目安としては刃先のガードの細さなどを見る方法もあります。

替え刃があるかどうか?

替え刃のあるなしは衛生面を考えてもとても大事なことになります。
刃先が錆ているものは肌を痛めるだけではなく、雑菌なども皮膚に付着させて肌荒れやかぶれの元になるので刃先の替え刃あるかどうかが大事になります。

電池式のシェーバーなどで安価なものなどは、刃先の交換よりも買い替えてしまったほうが安い場合もあります。

お勧めの電気シェーバーは?

電動シェーバーでおすすめのものになるポイントは「小回りが利く」「微妙な部分も剃れる」「痛みがない、傷ができにくい」になります。

家電量販店などもですが、口コミサイトなどで実際に使用している人のオススメコメントのチェックすると良いでしょう。

ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー フローラ 5001-22

Vライン専用のシェーバーであり、動かし方によってはIやOも可能な性能の高さになります。
脱毛サロンなどでV、I、Oを脱毛する際にもラヴィアはおすすめのシリーズになり、純電子機という面もコストの良いです。

Amazonなどでは9000円前後での販売になります。女性用ですが男性にも人気の高い製品であり、剛毛を気にする人にもおすすめできるのもポイントです。

掃除用ブラシやアンダーカップなどの必要なものは最初のキットに全部揃っており、同シリーズの関連商品がリリースされているので専用のジェルなど全て揃えられ準備が面倒が苦手な人にもおすすめですね。

パナソニック レディースシェーバー フェリエ ボディ用 ビビッドピンク ES-WR40-VP

フェリエシリーズの中でも刃先を縦と横に動かすことのできる製品であり、お顔周りから脇や背中などもきれいに剃れる点がおすすめになります。

単四電池での稼働になるので電池の交換を気にする必要はありますが、刃先が動かせるというのは珍しくほとんどの部分の除毛ができます。

価格はamazonなどでは2700円前後ですが、V、Iにも対応できる刃先の細さでもあるので脱毛サロンへの移行を考える人にも良いでしょう。

パナソニック ソイエ 緑 ES2011P-G

ソイエという商品名を聞いたことがあるけれども、どんなものかわからないという人も多いほど商品名の認知度の高いです。

ソイエもファイス以外の全身に使えることが特徴であり、一回でしっかりと剃れる構造が人気となっています。

価格は量販店などでも4000円前後で、除毛ではなく「毛を抜く」という仕組みなのでもちが良く選ぶ人が多いです。

毛抜きよりも早く抜くことができるので除毛用のシェーバーと併用する人も多く、除毛では物足りないという人にもおススメできます。

シェーバーの寿命を知っておこう

カミソリよりも圧倒的に長く持ちますが、刃先の交換などはできれば1年に1度はしておきたい部分です。
これは衛生面もですが古い刃先を使うことで本体にも余計な負担がかかってしまうことになり、寿命を縮めてしまいます。

電池が古い状態での使用も漏電の元になるので、古い電池は交換しておくことも大事です。
刃先の交換ができないタイプの場合は専用のクリーンブラシなどでしっかりと掃除をして、乾燥した状態で保管しておくことで寿命を延ばすことができます。

低価格の電池式シェーバーは?

1000円以下で買えるシェーバーなどの場合は何度も刃先を交換するよりも、買い替えた方が安いことも多々あります。

目安としては刃先2個が本体以上の価格になる場合は本体ごと新しくした方が衛生面などを考えてもお得になるので買い替えてしまいましょう。

持ち運びなどできるコンパクトサイズの場合は外出用やポーチのケータリング用にしてしまい、自宅で使うものは新しく購入するのもおすすめになります。

電動シェーバーだから保水が不要なわけではない

電動シェーバーはカミソリよりはずっと肌に対する負担が少なく傷もできにくいものです。ですが、除毛の際には肌の表面の角質を削ることが全くないとは言えません。

普段使っている化粧水など保水して上げるだけでも除毛かぶれなどが軽減されます。
特別なスキンケアではなく、手持ち物を使うだけでも肌質は大きく変わっていくるのでシェーバーの後にもしっかりと保水、保湿を行うことが大事になります。

シェービングクリームの保湿効果は?

シェービング用のクリームなどが推奨されるシェーバーの場合の多くが、クリームの中に保湿成分が配合されているのです。

ですがクリームはシャワーなどで流した際に成分の多くを流されてしまい、保水が足りない状態になります。

クリームの保湿効果だけではなく、できるだけ化粧水などを使うようにしておくことでより肌の乾燥を防ぐことができます。

なぜ保水・保湿が大事なのか?

シェーバーも肌に刺激を与えるものの一つになります。肌への刺激は乾燥に繋がり、乾燥した肌は色素沈着やかさつきが多くなります。
吹き出物などもできやすくなるのですが、保水することでこの乾燥を防ぎやすくなるのです。

除毛のあとは保水、保湿までをセットとして考えておくことで、余計な色素沈着や黒ずみの元をブロックすることも可能になります。
自己処理などで黒済みが多いのもこの乾燥が大きな要因です。

電動シェーバーと脱毛サロンやクリニックどっちがお得なの?

電動シェーバーは自宅で手軽に除毛ができるという面がメリットで、デメリットは定期的な買い替えと除毛になります。

脱毛サロンやクリニックの場合は一回の脱毛でもかなりの範囲が脱毛できます。
しかし脱毛サロンやクリニックに通った場合にも電動シェーバーは非常に大事なものになります。

脱毛の前には自分で除毛しておかなければいけないからです。
電動シェーバーを使うことに疲れたから脱毛サロンやクリニックに行くとしても、シェーバーは無駄になることがありません。

サロンの脱毛の前にはなぜ除毛が必要なの?

サロンでの脱毛はフラッシュを使ったものが多く、毛根にあるメラニン色素を破壊して毛根自体の発毛システムを壊していくことが基本になります。

この際に毛が伸びている状態だとフラッシュが分散してしまい狙った効果が出にくくなってしまいます。
サロンによっては除毛をしてくれる場合もありますが、基本的には先にセルフ除毛をしていくことになります。

サロンでの脱毛はどうすればお得なのか?

基本的に毎月脱毛ができないならば月額制はおすすめできません。脱毛に通わないときでも月額制は支払うことになるからです。

脱毛のクオリティを最初に体験することも大事なので「お試しコース」などで一度チェックしておくことがお勧めです。
お試しの無いサロンなどはあまりおすすめではないという考え方もできます。

まとめ

電動シェーバーはカミソリよりも安全ですが、基本的な考え方はカミソリの使用と同じと考えておくべきです。しかしカミソリよりは、肌に対する負担が少ないです。

逆剃りなどは肌への負担がでてくるので注意しながら、使用後のスキンケアはしっかりとしましょう。

  • カミソリよりは肌に対する負担が少ない。
  • 逆剃りなどはカミソリと同じくらいの負担はかかるのでスキンケアはしっかりと。
  • 10日に1度のペースで除毛するならば脱毛サロンのほうがお得になる場合も多い。
  • シェーバーにも寿命はある。

シェーバーにも寿命はあり、シェーバーの定期的なメンテナンスは必須です。10日に1度のペースで除毛するならば脱毛サロンのほうがお得になる場合が多いでしょう。
脱毛サロンなどで産毛などにシェーバーは使うことも多いので併用していくこと考えてもいいでしょう。

安い自己処理の定番!誰もが知ってる脱毛方法

毛抜きでの自己処理方法と注意点
カミソリでの自己処理方法と注意点